芸能 界 何 が 起き てる。 【芸能】止まらない芸能人の「自死」「薬物」「退所」…いま芸能界に何が起きているのか? [ネギうどん★]

相次ぐ自殺報道に「芸能界だけのことではない」 風間俊介のコメントで「ハッとさせられた」: J

安くみせないように。

もっと

止まらない芸能人の「自死」「薬物」「退所」…いま芸能界に何が起きているのか?(木村 隆志)

ただ、そういう奴らのせいで枕営業が横行するんです! 男がつけあがるんです! それで苦しい選択を迫られるアイドルがいるんです! それを良しとする奴ら同士でやってくれれば問題ないんだけど。 他にも、演奏会で詩の朗読をした際も、のんの存在は消され、もう1人の俳優さんだけがテレビで紹介されていた。 著名な俳優の相次ぐ自死報道に、ファンや関係者への影響が心配される。 もう1つ見逃せないのは、SNSとスマホの普及に関する声。 自分が軽く見えないように普段から気を遣いましょう。

もっと

【芸能】止まらない芸能人の「自死」「薬物」「退所」…いま芸能界に何が起きているのか? [ネギうどん★]

男性にはわからない女性が仕事をすることの辛さ、というものがあると思います。 ここから一転、風間さんはややうつむきながら語り始める。 まだお子さんも小さいのに、よほど思い悩んでいたのかな。 枕営業に積極的な女 結局枕営業がずっとなくならないのは積極的に枕営業を仕掛ける女がいるからなんですね。 しかも悪い噂ってすぐ回りますから、そういうことする人たちのところによい仕事ってまわってこなくなるんです。 三浦春馬さんと芦名星さんは『ブラッディ・マンディ』、また三浦春馬さんと竹内結子さんは『コンフィデンスマンJP』で共演していた。

もっと

いま日本の「政治」「芸能界」「テレビ」に起きている「ある異変」の正体(宇野 常寛,三浦 崇宏)

硬そうに見せることが大切です。 リスクの高い時代になったことで、芸能人たちがお酒を飲む店がこれまで以上にクローズドな空間になっている。 「今襲われたらどうしよう」って思いながら生きることが大切です笑 お店に行くにも 個室なら その部屋から出やすい席に座るとか カラオケとかなら 出口付近もしくはフロントにつながる電話の近くに座る、とか。 かくいう私も、「この人危ないな」と思ったりすることが今までにありました。

もっと

のんさんに何が起きているのか エージェントが語る圧力:朝日新聞デジタル

華やかな世界ではなくても、つまり芸能の世界だけでなくとも本当に一般的な社会でもいわゆる枕営業というものはどこにでもあります。 『コンフィデンスマンJP』での三浦春馬さんと竹内結子さん… この2人が世を去るとは… ご冥福をお祈りします。 誰もができることじゃなくててっとり早くできるのが枕営業なんです。 その仕事をきっかけにしてその現場で次の現場に繋げられる自信があるならばこれも有益と言えますが それができるバイタリティがないのなら短期の遊びにしかなりません。

もっと

芸能美女“完脱ぎ”黒歴史(8)“アイドル界”の闇の被害者となった尾崎ナナ

「自ら命を絶つくらいなら、やめればいいのに」と思うかもしれないが、芸能人として一定の成功を収めると、「やめる勇気より、命を絶つ勇気を持つことのほうが簡単」と思ってしまう人がいるのだ。 心の内を「わかってもらえる人」がいなかったんだろうか。 竹内結子さんのご冥福をお祈り申し上げます。 風間さんは「よく芸能界で立て続けに(自殺者が出ている)って、そうおっしゃる方もいて。 今年9月14日、厚生労働省、いのち支える自殺対策推進センターは、芦名星さんが亡くなったことを受け、報道機関に向けて<著名人の自殺に関する報道は「子どもや若者の自殺を誘発する可能性」があるため、WHOの『自殺報道ガイドライン』を踏まえた報道の徹底をお願いいたします>と通達している。

もっと

芸能界の枕営業は本当にある。

net コロナ禍で自分と成功を信じられない 自死、薬物、退所の3つに共通していたのは、周囲の人々が「何で気づかなかったの?」と言われてしまうこと。 目上の方に誘われたりすると断りにくいっていうのは 確かにあると思います。

もっと