タイム スタンプ 保管 サービス。 タイムスタンプとは?仕組みと電子帳簿保存法との関係を徹底解説

タイムスタンプとは?仕組みと電子帳簿保存法との関係を徹底解説

要件を満たしていれば、ICカードやクレジットカードの明細についてもデータ保管が認められるため、経費精算の書類保管負担は軽減されるはずです。 事業者(利用者)はノウハウ文書である電子データ(原データ)の内容をTSAに知られることなく、タイムスタンプトークンを得ることができる。 なお、タイムスタンプトークンとハッシュ値を照合する際は、タイムスタンプ事業者から鍵を受け取る必要があります。 なお、ここでいう「タイムスタンプを付与するタイムスタンプ事業者」とは、一般財団法人日本データ通信協会の「タイムビジネス信頼・安心認定制度」の認定を受けたスタンプ発行業者のことを指します。

もっと

JIIMA 公式サイト

ステップ1 まず、ある利用者が電子書類Aをある時刻で持っていたとします。 発行」については、利用者が電子文書の指紋に相当する「原本のハッシュ値」を時刻認証局に送付します。

もっと

電子帳簿保存法のタイムスタンプとは?その仕組みや活用ポイント

参考記事: 4. それが「電子署名」や「タイムスタンプ(時刻認証)」といった暗号セキュリティ技術です。

もっと

JIIMA 公式サイト

P Time Carve 時刻認証サービス• MoneyForwardクラウド経費 アマノタイムスタンプサービスと連携しています。

もっと