ビームス フェニカ。 ビームスモダンリビングから、フェニカへ。 北欧ヴィンテージを中心とした茅ヶ崎の古道具店【タイムズ times】

ビームス「フェニカ」ディレクターが日本の最高の手仕事が息づく栃木県 益子へ民藝に会いに行く。vol.3

誰もが驚く演出のある個室、会員制の隠れ家の期間限定公開、取材拒否店の初お披露目など、とっておきを一挙公開いたしましょう。 だから酒好きは、この季節にしか味わえない空気、肴、銘酒を求めもっとさすらって欲しい。 ここはひとつ、原点に立ち返って基礎知識の予習・復習といきませんか。 カムイへの祈りが込められた工芸品 北海道の工芸品というと、ステレオタイプ的に木彫りの熊などを思い浮かべる方もいるかもしれない。 ニッポンのファッションやカルチャー、はたまたアートや伝統工芸まで、垣根を超えてニッポン全体のモノ・コト作りを発信するコンセプトでビームス ジャパンがリニューアルオープンして、先月2周年を迎えました。

もっと

北海道・阿寒湖で 〈フェニカ〉が見つけたアイヌのクラフト。 — Ainu Crafts from Lake Akan

世界中のクラフトに出合ってきた彼らの目にも、阿寒湖のアイヌ工芸作家たちの作品は魅力的に映った。 BeAMS. 京鯖寿司、京都仕出し料理、団子といった長年京都の街で愛され続けている伝統の味から、時代と共に京都に誕生したお好み焼き、カツサンドといった、今話題の店の味までを幅広く取り揃えるほか、会場では職人の技が楽しめる実演販売も登場する。 ひとひねりあるお店やスポット、時事ネタから、リッチな腕時計、クルマ、ファッションに関する独自の特集がウリ。 だからこそ5人の作品が今の生活に馴染むように商品のディレクションを考えてきました」と北村さん。 「丘の上にあるので季節の花や木々を見ながら下から歩くのがおすすめ」。 Bill Wall Leather(ビル フォール レザー)• 554• 北海道の先住民とされているアイヌ。 シックなパーティをエレガントにこなすには。

もっと

北村恵子(ビームスフェニカ)プロフ・経歴やエリスさんとの関係は?(世界ほし)

そんな男たちとLEON編集長とのフリートーク「INTERVIEW with」。 また栃木木綿を使って藍染をする日下田藍染工房では、築200年以上の建物にずらっと並ぶ藍甕を見ることができる。 「最初はお金がなかったので、林業をしている人から丸太をもらって、自分で自然乾燥させていました。 東京からならものの2時間で到着する益子の絶妙な距離感は、旅行者にもありがたいものだが、つくり手たちにとっても自由に創作に没頭できる理想的な環境なのだ。 伝統とモダンが交わる、 3色の染め分け皿 戦争の渦中であった1945年5月に、坂本俊郎さんによって築かれた登り窯、それが中井窯のはじまりです。

もっと

fennica things vol.5

みなさま、年末年始の準備はいかがでしょうか。 また益子では、地域の店が町の歴史や価値観を伝える役割を担う。 昼も夜も楽しめるクリスマスツリー 高さ約4メートルの巨大クリスマスツリーは、ツリーの中心のミラーボールに光を反射させ、夜空の下だけでなく、昼間の太陽の下でもキレイに輝く。 キキ&ララカラーに輝く巨大クリスマスツリー 開催期間中は、新宿サザンテラスをピンクと水色の「キキ&ララカラー」にライトアップするほか、高さ約4メートルの巨大クリスマスツリーが登場。 こと大人のオトコの冬の装いは、上質なウールからワイルドなレザーまで、防寒以上にそのイメージを決定づけるアイテムばかり。

もっと