Qc 課題 達成 型。 QCストーリーとは何なのか? 問題解決型と課題達成型の違いとは?

QCストーリー施策実行型の進め方【まとめ】

こうすけ君の実施指導• 成功シナリオの追求と実施: 課題達成型では方策に於いても未知の部分が多く, 不確定要素が多数あります. 簡単に説明すると、管理図には権利線を超える以外に8つの異常判定のルールがあり、以下の図に当てはまるものはすべて異常判定となります。 (笑) ご参考にして下さい。 またこの内容というのを確実に関係者に 認知・理解・教育を図り今後も継続して維持管理に繋げる事が 最大の目的となります。 ただし、上司がこう言ってたから、このネタがよい!という考えはやめたほうが良いです。

もっと

課題達成型QCストーリーのまとめ方とは?目的・手順・事例なども含めて考える

理想からスタートするので、アプローチが異なっています。 2位のよしあき君とこうすけ君の前半の差は0. デザインアプローチあるいはシステムアプローチ展開です。 2点目は、 テーマ案を紹介するときに、何が困りごとで、何を解決したいのか、解決することでどうなるのかを具体的に説明することです。 またこの内容というのを確実に関係者に 認知・理解・教育を図り今後も継続して維持管理に繋げる事が 最大の目的となります。 当方も、オープン・イノベーターのひとりです。 効果の確認: 成功シナリオを実施した結果と目標と比較し, その達成度を評価します. ありたい姿を達成するための道筋が成功シナリオです。 活動テーマ(困りごと)が、『問題』であればこの型の手順に従って解決するのが効率的です。

もっと

問題解決型QCストーリーと課題解決型QCストーリー

改善後の状態を維持するためには, 設備的な改善 ポカヨケ や, 標準化を図り定着させることが重要となります. 効果の確認 シナリオの実施効果を確認します。 活動目標の設定 後半のタイムをどれくらい改善したらよいかを考える際に、前半でどれくらい差があるかを考えなければいけません。 課題達成型のQCストーリーとは、課題(ありたい姿)を達成するための効率的な手順のことです。 成功シナリオの実施、対策の実施• 課題達成型QCストーリー 課題達成型QCストーリーは, 今までなかった新たな仕事や, 新たな課題, あるいは従来に比べ非常に高い目標を掲げる場合など, 未知の要素が多い目標を達成するために使用されます. 教科書的な内容含め、私の実体験に基づいた活動に役立つ情報を提供していきます。 QCサークルとは Wikipediaには以下のように記載されていました。 なので、特に初心者グループにこの方法をあえて適用する場合には、QCストーリーを理解している指導者がフォローすることが不可欠です。

もっと

課題達成型QCストーリーによる課題解決の設計的アプローチ

構成要素の要望レベルや現状レベル、そしてギャップは数値化を検討しましょう。 それでは! QCストーリーはQCサークルで問題解決するときのやり方を表したものであり、そのストーリーには問題解決型と課題達成型の二つに分かれます。 対策を実施して成功をするためのシナリオを描きます。 問題解決型向けの記事ですが、目標設定の意味合いについて詳しく解説しているので参考になると思います。 前回の記事では設計審査(DR)についてまとめています。 そうならないためにも、テーマ名は、テーマを見ただけで、困りごとと活動内容が分かるようにつけましょう。

もっと

QCにおける問題解決型ストーリーとは?事例や進め方、QC7つ道具との関係について考える。

テーマ選定• QC活動のテーマのネタ探しのポイント QC活動のテーマのネタ探し(テーマ候補案を探す)、これって、簡単なようで難しいですよね。 また自身のみの単一の意見ではなく関係者の意見を交えて客観的に要因の優先度の調査を行います。 最後に、効果があったら標準化を行い、他の誰でもできるような仕組みをつくります。 なお、QCストーリの各手順でよく使用されるQC7つ道具については「」の本の中では以下のようにまとめられていました。 「」の中では以下の表のように手順の違いがまとめられていました!! 問題解決型 課題達成型 テーマの選定 手順の選択 現状把握 攻め所の目標の設定 目標の設定 要因の解析 対策の検討 方策の立案 成功のシナリオの追求 対策の実施 成功のシナリオの実施 効果の確認 標準化と管理の定着 反省と今後の対応 まとめ QCストーリーには大きく二種類があり、目的と手順が異なります。

もっと

問題解決型QCストーリーと課題解決型QCストーリー

また「Action」が大きい理由としては、そもそもPDCAサイクルは 継続的改善を最大の目的としています。 逆に、ギャップシートがなければ、メンバー同士の認識が合わせずらく、どこの部分を議論しているのかわからなくなる可能性が高いです。 この改善の順番を視認化するtoolがパレート図でありQC7つ道具の一つとされています。 ベテランの方も、初心に帰る意味で読んでみれば、思わずそうだよね!と頷く内容です。 その中から技術面・コスト面・作業性の面で実現可能なものを選択し実行します. 言葉でまとめるよりデータのほうが理解も深まり、何より改善効果を皆に見てもらえます。

もっと

QCストーリー施策実行型の進め方【まとめ】

ギャップから重点となる攻めどころを絞り込みます。 そして選考会を迎えました。 テーマ選定• 言葉の通り単純化を図る事であり、作業などにおいて無駄を省いて よりシンプルなものへとしていきます。 今ある数多くの問題から何を選択すれば最大の効果に繋がるか、日々の仕事と向き合いながら考えていき、最も重要な問題を見つけ出し、その問題を問題解決型QCストーリーの「テーマ」として選定します。

もっと