有楽町 線 運用。 有楽町線・副都心線10000系で「故障予兆検知システム」10月運用開始 新型17000系にも展開予定 東京メトロ

2020年ニュースリリース|東京メトロ

路線名の由来は、銀座に隣接するに接続していることから。 - 間を走行する電車 基本情報 国 所在地 、 種類 路線網 起点 終点 駅数 24駅 輸送実績 3,017,171千 (2018年度) 路線記号 Y 路線番号 8号線 ゴールド 開業 (最終延伸は) 所有者 運営者 東京地下鉄 ・・(前身の時代に廃止) 使用車両 , , 西武,西武,東武,東武 路線諸元 路線距離 28. また、東武車両のフルカラーLED表示は有楽町線準急が緑色、東上線準急が青色であった )。 で運行。 (昭和51年)• なお、2019年10月15日のダイヤ改正以降は、・に向けての混雑緩和のため、2番線と同様に使用が停止されている。

もっと

まもなく本格置き換え開始、東京メトロ7000系

今後どのような運転が発生するか不明ですが、特に路線距離約24キロの東横線内と、西武池袋線内の乗り入れ区間小竹向原ー飯能間40キロ強、これをどのようにバランスを取るのか、見物です。

もっと

有楽町線・副都心線において故障予兆検知システムの運用を開始します|東京メトロのプレスリリース

また、小竹向原駅 - 千川駅間に連絡線を設置するなど遅延対策に乗り出すことも発表した。 しかし、当時は他の路線での乗車券の磁気化が進んでおらず、効率的な運用ができなかったことから、営団成増(現・地下鉄成増)延伸時に一旦撤去され、当時の試みは失敗に終わっている。 終電として和光市発池袋行きが1本ある。 (昭和53年):和光市 - 営団成増間の建設工事に着手。 日中の川越市駅発着列車は、小竹向原駅で西武池袋線系統のに連絡する。 また、座席指定列車のS-TRAINに限り、座席指定券の確認などを行うことから車掌が乗務しているため、ワンマン運転の対象外である。

もっと

東京メトロ有楽町新線

終点側は京葉間の湾岸沿いに付近まで計画されていたが、ほぼ同じルートで計画されていたが当時は貨物専用線として計画が進行しており、後に旅客線へと用途が変更されたことを受けて有楽町線はまで計画路線を短縮した。 - 間はと線路・駅施設を共有し、発着(平日朝の一部は豊洲駅発着)の列車と方面(・直通の発着:一部は・・・発着)の列車がともに運行されている。

もっと

有楽町線・副都心線において故障予兆検知システムの運用を開始します:時事ドットコム

(旧有楽町線新線)• 運用番号の末尾は、東京地下鉄車がS、東武車がT、西武車がM、副都心線直通の東急車と横浜高速車はKである。 和光市駅 - 新木場駅間の所要時分は各駅停車は49分35秒、準急列車は45分20秒とされた。

もっと