土井 英司。 「こんまり」を生んだ土井英司が明かす、計算づくしの世界戦略

「こんまり」を生んだ土井英司が明かす、計算づくしの世界戦略

出版業界人はもとより、全国の経営者層、各界の著名人にも愛読され、読者数5万3千人を超えるメディアに成長した。 このようにして、需要のあるところに知識を提供できるようになると、自分の価値が上がります。 イタリアでもランキング1位になるなど、その影響力が海外まで波及したのです。 学生時代にギリシアに留学。

もっと

土井 英司先生の授業・プロフィール

絶対に凍え死ぬ。 B to Cの世界では、このような説明する技術は絶対に必要なものなのです。 では、なぜ出版業界には、素材(著者)と料理人(編集者)が出会うマーケットがないのでしょうか? 編集者は殺人的な忙しさのなか、コネや他媒体を頼りに、必死の思いで著者を発掘してきますが、本当にそれで良い本が作れるのでしょうか? 優秀な編集者をそろえただけでは、残念ですが「売れる本」は作れません。 そしてその結果、真に価値ある書籍が生まれること。 反対に、世の中が安定している時代は、無秩序で自由奔放なものが受けます。

もっと

土井英司 (どいえいじ)

例えば、アメリカのシリコンバレーに「ITのスタートアップみたいな人種がいる」といったように、「そういう思想の人間」というようなくくり方をするのではないでしょうか。

もっと

「こんまり」を生んだ土井英司が明かす、計算づくしの世界戦略

ジャンル別イノベーターをマーケティングにどう生かすかは、これからの課題です。 そして、世界中から集まった人びとで構成され、多様で新しいものにありふれているからこそ、そこに「カオス」も存在することを土井は知っていた。 片道で7キロ。

もっと

土井英司さんに聞く、影響力のある“ジャンル別イノベーター”はどう生まれる?

その財産を使い捨てにしたら、それは社会の損失にほかなりません。 で、SNSで「暇です」と書き込んだらどうなったかというと、大阪から遊びに来た知人が僕を連れ出してくれて、元首相のご家族に会わせてくれたり、ミュージシャンに会わせてくれたりして、めちゃくちゃ人脈が広がったんですよ。

もっと

「こんまり」を生んだ土井英司が明かす、計算づくしの世界戦略

2004年、有限会社エリエス・ブック・コンサルティングを設立。 ビジネスの場において「 運」を語ることはナンセンスという風潮もありますよね。 「相手が自分に期待してくれたから、その気持ちに応えたい」とか、「あの人が自分を救ってくれたから、今度は自分が救いたい」という気持ちを持っていれば、少しくらい辛いことがあっても、頑張れるんですよ、相手のために。

もっと

こんまりを生んだ名プロデューサーに聞いた、「世界で勝つ」日本人の共通点

当初近藤は、「乙女」や「プリンセス」といった言葉を使うつもりでいた。 「コストに対するリターンが大きければ、いつでも投資すべき。 何かを極めた「オタク」、相手があっと驚く強い思いの持ち主、その先駆けがこんまりには違いない。 「こんまりを知っている」ことは、米国ではすでに、ある種の常識や教養となっているといっていい。 「ギリシャ」と「職人性」も悩殺条件に 米国で『人生がときめく片づけの魔法』の英語版 『The Life-Changing Magic of Tidying Up』が人気爆発した裏には、もうひとつ、アメリカ人の「ルーツへの憧れ」も深く関わっている。 「いま」を切り取るということは、時代を切り取るということでもあります。 さまざまな角度からの子たちのインサイト、情報行動などの環境分析を実施し、マーケティング戦略からソリューション提案、アウトプット制作、商品・事業開発、コンサルティングまで、幅広い事業領域でプランニングします。

もっと

predina.com

時代の波に自分を合わせられるかどうか。 なぜなら、結果にはすぐに出るものと、すぐには出ないものがあるからです。 このタイミングで片付けが流行し、こんまりさんの本は売れました。

もっと