嘉手納 爆音 訴訟。 嘉手納爆音訴訟、国に約300億円支払い命令 飛行差し止めは退ける 那覇地裁沖縄支部

第3次嘉手納爆音訴訟:国に301億円賠償命令

第二次嘉手納爆音訴訟 1999年-2011年 [ ] 2000年3月27日、沖縄市、石川市、具志川市、北谷町、嘉手納町、読谷村の原告5544人が那覇地方裁判所沖縄支部に提訴。

もっと

嘉手納飛行場

要求が通らなかったのですから、さらなる賠償と飛行差し止めを求める可能性は高いです。 提訴は2011年4月。 いずれも騒音性聴力損失の発症を認めるに十分な騒音の曝露があったことが明らかになった。

もっと

新嘉手納基地爆音訴訟 控訴審の結審を迎えて

控訴審判決は平成21年2月27日に予定されている。 、5月30日に続いて、別のF-22戦闘機4機が嘉手納基地に到着。 沿革 [ ] 旧日本陸軍「中飛行場」として [ ]• 「騒音によって、会話やテレビ視聴、勉強などの妨害のほか、高血圧症のリスク増大も生じている」と指摘した。 この期日以外で個別にご相談がある方は ご遠慮なく下記までお問い合わせ下さい。 集会には約80名が参加。 空軍特殊部隊である第353特殊戦航空群• 騒音被害に悩まされている住民の方々の権利を救済するためにできることは、裁判所に認められる可能性が低い飛行差止めにこだわるよりも、まずは、住民の方々が慰謝料(損害賠償金)を取得できるようにすることであると考えております(いうまでもなく、差止めを求めないことは、決して違法行為とされている飛行を容認するものではありません。 外郭防音工事は一律30%) 今回の判決も過去の判例にならい、原告住民の願いであるせめて夜間飛行差し止めは実現しませんでした。

もっと

新嘉手納基地爆音訴訟のたたかい

騒音だけでなく墜落の恐怖もある。 かつてはの緊急着陸地に指定されていた。 市町村や県の幾多の申し入れに、米軍は場所を間違えた 、部隊関係者と齟齬があった 、などと釈明しながらもまたしても旧駐機場を使用し、騒音や悪臭問題を引き起こした。 2008年4月30日時点の [ ]よりアーカイブ。

もっと