イタリア 校長 先生。 イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜|世界文化社 公式note

この機会に散歩して、良書を読みなさい。 病気が急速に世界に広がっているのは、私たちの時代が残した結果で、何世紀も前には速度は少しだけ遅かったですが、同じように広がりました。 では近いうちに、学校でみなさんを待っています。

もっと

新型コロナ:理性の大切さに気づくイタリアの高校の校長先生の手紙

冷静さを保ち、集団パニックに巻き込まれないでください。 そして予防策を講じつつ、いつもの生活を続けて下さい。

もっと

ペスト時代の教訓から学べ 休校のミラノで校長のメッセージが話題に

それは社会生活や人間関係の荒廃、市民生活における蛮行です。

もっと

イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?

0 イタリアの校長先生から届いた珠玉のメッセージが 1冊の本になるまでのストーリー 1.この本が生まれたきっかけ 今年の初めは、オリンピックイヤーの幕開けに盛り上がっていた日本。 適切な予防で十分です。 冷静さを保ち、集団のパニックに巻き込まれないこと。 休校措置も、イタリアのすべての学校に広がっています。 感染が広がり、イタリアの大部分で犠牲者が出た」 史実を踏まえた作家マンゾーニの小説には、人々が冷静な判断を失い、ウイルスを広めた人を追跡したり、専門家を軽んじたり、うわさやデマ、生活必需品の奪い合いなど群集心理に惑わされて人々がパニックになる様子が描かれています。 同様の政策をとるイタリアで、休校になった高校の校長が、17世紀のペストの流行を扱った作家、マンゾーニの小説の一節を引用しつつ、「デマに翻弄されず、休みの間もふだん通りの生活を続け、良質な本を読んでください」という生徒に向けたメッセージを公表、話題になっている。

もっと

イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?

読んだ後、互いに感想を言い合うだけでも新たな発見が得られそうな本書で、この時間の意味を改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか。 マスクは病気の人に必要なものです。 少し話がそれますが、ここ数年で自分自身に思うこと。 親愛なる生徒の皆さん。 (下記、抜粋) [表: ] 著者/ドメニコ・スキラーチェ(Domenico Squillace) [画像3: ] 1956年、南イタリアのカラブリア州・クロトーネ生まれ。

もっと

デマに振り回されるな! イタリアの校長のメッセージが話題に

この本の中には、外国人を危険だと思い込んだり、当局の間の激しい衝突や最初の感染源は誰か、といういわゆる「ゼロ患者」の捜索、専門家の軽視、感染者狩り、根拠のない噂話やばかげた治療、必需品を買いあさり、医療危機を招く様子が描かれています。 君たちもよく知っている通りの名前がいくつも登場するこの章は、 マンゾーニの小説というより、まるで今日の新聞を読んでいるかのようです。 子供思いの良い先生です!ミラノの校長先生ですが、ご出身は南イタリアだそうですよ。 そんな人間の思いは、小さなウイルスによって打ち砕かれました。 親愛なる生徒たち。

もっと

イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?

共働きの友人たちからも大変〜と声が届いてます…。 今、31章はとても興味深い。 経験したことのない不自由で、精神的にも不安な毎日が続きました。

もっと