Word 赤い 波線。 ワードの赤い波線

スペル チェックのオンとオフを切り替える

これらの機能は、入力した文章にスペルミスや文法の間違いの有無を自動的にチェックし、間違っている箇所に下線が引かれます。 masaokanemoto さん、ご返信ありがとうございます。 カテゴリー• 実際どのような状態で表示されているか、みなさんも確認できるとアドバイスがしやすくなるので、画面の画像を撮影して投稿してみてくださいね。 110• どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365 Microsoft 365 にアップグレードしてください。

もっと

Wordの自動文章校正機能を活用してみる

既定はオフです。 【参照動画】 一方、機能は停止せずに、とりあえず現在の文章だけ波線を消す設定もあります。 サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある• 設定対象は"段落"にしてください。

もっと

Word2010

[無視]や[辞書に追加]しても非表示になります。 文字に波線のアンダーラインをつける方法は、No. この状態でスペルチェックや文章校正が機能した場合、ワード画面下のステータスバーで、左にある冊子のようなアイコンに赤い「x」が表示されます。 修正する必要がなければ、右クリックのメニューで[無視]を選択しましょう。

もっと

自動的に文字に下線が引かれる(赤い波線、緑の波線、青い波線、青の実線、紫の実線)

「入力時にスペルチェックを行う」「自動文章校正」 のチェックを 外す• 「してます」が「しています」に修正され、緑の下線が消えました。 一応、自動文章校正という機能で入力間違いではないですか?と注意を促してくれる機能ですが、印刷されませんので無視してください。 Out of these, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. ただ、文章のミスは自分ではなかなか気づきにくいものです。

もっと