ほとばしる 意味。 「滾る」の3つの意味とは?使い方の例文と類語・英語も紹介

「迸る(ほとばしる)」の驚きの由来とは?意味と使い方もチェック

「水 泥 が跳ねた」という場合、それが衣服などにかかった意で用いられることが多い。 。 一方で、「迸る」の対義語として挙げられるのは、じっとしている様子を表す 「留まる」でしょう。

もっと

「迸る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

水が煮え立つ:bubble and boil, boil hard• 「ほとばしる気持ち」は感情が抑えられないこと 「ほとばしる気持ち」は情熱ややる気が体から溢れ、みなぎっている様子を意味する言葉です。 迸るの類語と対義語 出典: 「迸る」自体も複合語です。 川瀬が滾っているのが見える。 本当は怒りで煮え返っていたが、深呼吸をして気持ちを落ち着かせた。

もっと

「迸る」の意味・類語【使い方や例文】

どちらも抑制のきかない様子を表しています。 迸るという言葉は一般的に心が熱くなるような場面で用いられることが多い言葉です。 非常に多く見られる説として、この言葉は「ほと」という言葉と「走る」という二つの言葉が合わさることによって成り立っている訳なのですが、この古事記が表す「ほと」というところから、水が勢いよく「走り出た」様子が元となったとされています。 嘘をつかれて、腹の中が煮え返った。 また、じっとしている、停止している様子以外にも中断などの様子を表す 「途絶」や 「 杜絶 」も同様に勢いよく吹き出る様子を表している迸るの対義語にあたります。 グツグツと湯や水物が煮える様子を表す時に「滾る」を使います。 いつからだったろうか。

もっと

「迸る」の意味・類語【使い方や例文】

感情が盛んに湧き上がる:blazing, festering 「滾る」の意味によって、上記の単語を使い分けるようにして下さい。 「迸る」は何かが溢れ出る、飛び出る様子を表した言葉です。 「ほとはしる・ほどはしる」の意味も、 「水などが勢いよく溢れ出す」や 「内面的な感情・思いが湧き出してくる」などになっています。 使うシーンにもよりますが、 「奔流(ほんりゅう)」「横溢(おういつ)」などの表現ではいかがでしょうか。

もっと

ほとばしるの類語・言い換え

「滾る」は方言で「沸騰する」「熱くなる」 「滾る」は長崎の方言で「沸騰する」という意味で使われます。 「滾る」の類語は? 「血沸き肉躍る」はやるきや活力がみなぎること 「血沸き肉躍る」とは、気持ちや感情が高まり興奮を表す言葉です。

もっと