風見鶏 歌詞。 風見鶏 歌詞「コブクロ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

コブクロ 風見鶏 歌詞

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何を思う 露草に想いを馳せて 駆け抜けた頃に戻って 歩き疲れてた僕に 空がやさしく見えるまで 風音に誘われ 君の生まれた場所へ二人 方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって 夕焼け空の下 明日は晴れるかな 靴を空高く 蹴飛ばしてみたり 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 重ね合わす記憶に 君が溶け込む それだけで 虫カゴたすきに掛け すり傷作りながら見てた 空に浮かぶ雲に 夢を乗せて時を留めて 校庭の鉄棒で 逆上がり出来るかな 肩を寄り添えば 君とキスしてた 風見鶏 夏の終わりを 遠くに見て何を思う 露草に思いを馳せて 駆け抜けた頃に戻って 僕の知らない景色に 僕が溶け込む それだけで 風のない街で 暮らし慣れてたけど 僕と風見鶏 探しあてた空 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 切なくてただ愛しくて 暮れゆく夏風になって 瞳閉じて耳を澄ませば 僕と君の未来になった 僕と君の未来になった…. 08年には、台北、ソウル、上海でアジアツアーを開催するなど、アジア圏でも人気を博す。 コブクロさん『風見鶏』の歌詞 カザミドリ words by コブチケンタロウ music by コブチケンタロウ Performed by コブクロ. その後も、シングル「Love so sweet」 2007 、「One Love」 2008 などの大ヒット曲をコンスタントに発売。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 コブクロさん『風見鶏』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 何気なく交わした約束が 心の道を照らすよ あの日始まった物語の鍵となり どんな扉も開けてくれた てっぺんが見えないほど高い フェンスの向こう側へと 夢だけ先に放り投げてよじ登り 祈りの陽を見つめてた いつの日も 向かい風を探す 風見鶏のように 真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい 逃げ出さないように 流されないように 心に 深く深く 突き立てた 風見鶏 泣きながら君がくれた手紙 財布の隅においてある 懐かしい声をなぞるような丸文字に 何度力を借りただろう 譲れない想いを滲ませた 涙 乾かぬ道に 刻む足跡もやがて消えゆく そこに咲かせてゆこう 微笑みの花 いつの日か 朝焼けに飛び立つ 渡り鳥のように 幾重の願いが 空の果てに弧を描くよ 佇む風の跡 たどればどこかで きっと きっと待ってる 君想う… 'cause I believe my dream 優しさ見失ってまで強くなって 何を守れるのだろう 一番そばにあった笑顔が 咲く場所 探しているのに いつの日か いつの日か もう一度あの街へ 君の待つ場所まで 真っすぐ自分と立ち向かい 生きてゆきたい 弱い自分に勝てるなら 誰に負けたって良いさ 唇 噛みしめれば 聴こえるよ 君の声 いつの日も 風見鶏. 同年、『第24回日本ゴールドディスク大賞』にて初の10冠を達成。 1999年、ハワイにてクルーズ客船での豪華デビュー会見を行い注目を浴びる。

もっと

歌詞 「風見鶏」嵐 (無料)

09年には、『第60回NHK紅白歌合戦』に初出場。 デビュー曲「A・RA・SHI」は、週間シングルランキング1位を獲得。 コブクロ Kobukuro 風見鶏 作詞:小渕健太郎 作曲:小渕健太郎 何気なく交わした約束が 心の道を照らすよ あの日始まった物語の鍵となり どんな扉も開けてくれた てっぺんが見えないほど高い フェンスの向こう側へと 夢だけ先に放り投げてよじ登り 祈りの陽を見つめてた いつの日も 向かい風を探す 風見鶏のように 真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい 逃げ出さないように 流されないように 心に 深く深く 突き立てた 風見鶏 泣きながら君がくれた手紙 財布の隅においてある 懐かしい声をなぞるような丸文字に 何度力を借りただろう 譲れない想いを滲ませた 涙 乾かぬ道に もっと沢山の歌詞は 刻む足跡もやがて消えゆく そこに咲かせてゆこう 微笑みの花 いつの日か 朝焼けに飛び立つ 渡り鳥のように 幾重の願いが 空の果てに弧を描くよ 佇む風の跡 たどればどこかで きっと きっと待ってる 君想う… 'cause I believe my dream 優しさ見失ってまで強くなって 何を守れるのだろう 一番そばにあった笑顔が 咲く場所 探しているのに いつの日か いつの日か もう一度あの街へ 君の待つ場所まで 真っすぐ自分と立ち向かい 生きてゆきたい 弱い自分に勝てるなら 誰に負けたって良いさ 唇 噛みしめれば 聴こえるよ 君の声 いつの日も 風見鶏. 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに想いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 歩き疲れてた僕に空がやさしく見えるまで 風音に誘われ君の生まれた場所へ二人 方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって 夕焼け空の下 明日は晴れるかな 靴を空高く蹴飛ばしてみたり 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 重ね合わす記憶に君が溶け込む それだけで 虫カゴたすきに掛け すり傷作りながら見てた 空に浮かぶ雲に 夢を乗せて時を留めて 校庭の鉄棒で逆上がり出来るかな 肩を寄り添えば 君とキスしてた 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに思いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 僕の知らない景色に僕が溶け込む それだけで 風のない街で暮らし慣れてたけど 僕と風見鶏 探しあてた空 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 切なくてただ愛しくて 暮れゆく夏 風になって 瞳閉じて耳を澄ませば 僕と君の未来になった 僕と君の未来になった…. 歌手: 作詞: 作曲: 何気なく交わした約束が 心の道を照らすよ あの日始まった物語の鍵となり どんな扉も開けてくれた てっぺんが見えないほど高い フェンスの向こう側へと 夢だけ先に放り投げてよじ登り 祈りの陽を見つめてた いつの日も 向かい風を探す 風見鶏のように 真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい 逃げ出さないように 流されないように 心に 深く深く 突き立てた 風見鶏 泣きながら君がくれた手紙 財布の隅においてある 懐かしい声をなぞるような丸文字に 何度力を借りただろう 譲れない想いを滲ませた 涙 乾かぬ道に 刻む足跡もやがて消えゆく そこに咲かせてゆこう 微笑みの花 いつの日か 朝焼けに飛び立つ 渡り鳥のように 幾重の願いが 空の果てに弧を描くよ 佇む風の跡 たどればどこかで きっと きっと待ってる 君想う… 'cause I believe my dream 優しさ見失ってまで強くなって 何を守れるのだろう 一番そばにあった笑顔が 咲く場所 探しているのに いつの日か いつの日か もう一度あの街へ 君の待つ場所まで 真っすぐ自分と立ち向かい 生きてゆきたい 弱い自分に勝てるなら 誰に負けたって良いさ 唇 噛みしめれば 聴こえるよ 君の声 いつの日も 風見鶏. 嵐 ARASHI 風見鶏 作詞:依田和夫 作曲:依田和夫 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに想いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 歩き疲れてた僕に空がやさしく見えるまで 風音に誘われ君の生まれた場所へ二人 方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって 夕焼け空の下 明日は晴れるかな 靴を空高く蹴飛ばしてみたり 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 重ね合わす記憶に君が溶け込む それだけで 虫カゴたすきに掛け すり傷作りながら見てた 空に浮かぶ雲に 夢を乗せて時を留めて 校庭の鉄棒で逆上がり出来るかな 肩を寄り添えば 君とキスしてた 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに思いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 僕の知らない景色に僕が溶け込む それだけで 風のない街で暮らし慣れてたけど 僕と風見鶏 探しあてた空 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 切なくてただ愛しくて 暮れゆく夏 風になって 瞳閉じて耳を澄ませば 僕と君の未来になった 僕と君の未来になった… ----------------------------------------- 作詞:依田和夫 作曲:依田和夫 編曲:岩田雅之 * ka za mi do ri 風見鶏 na tsu no o wa ri wo to o ku ni mi te 夏の終わりを 遠くに見て na ni o mo u tsu yu ku sa ni o mo i wo ha se te 何想う つゆくさに想いを馳せて ka ke ne ke ta ko ro ni ma do tte 駆け抜けた頃に戻って a ru ki tsu ka re ta bo ku ni 歩き疲れた僕に so ra ga ya sa shi ku mi e ru ma de 空がやさしく見えるまで ka za o to ni sa so wa re 風音に誘われ ki mi no u ma re ta ba sho u he hu ta ri もっと沢山の歌詞は 君の生まれた場所へ二人 ho u ge n ma ji ri no ko e ki mi ga mo tto 方言混じりの声 君がもっと i to o shi na tte 愛おしなって yu u ya ke so ra no shi ta a shi ta wa ha re ru ka na 夕焼け空の下 明日は晴れるかな ku tsu wo so ra ta ka ku ke to ba shi te mi ta 靴を空高く蹴飛ばしてみた a ka ne sa su so ra wo mi a ge te 茜さす空を見上げて bo u no shi ra na i ki mi ni na tte 僕の知らない君になって do te ni sa ku ha na wo mi o ro shi 土手にさく花を見下ろし ko ko e mi ka e su bo ku ni na tta 微笑み返す僕になった ka sa ne a wa su ki o ku ni ki mi ga to ke ko mu 重ね合わす記憶に君が溶け入む mu shi ka go ta su ki ni ka ke 虫カゴたすきに掛け su ri ki zu zu ku ri na ga ra mi te ta すり傷作りながら見てた so ra ni u ka bu ku mo ni yu me wo no se te 空に浮かぶ雲に夢を乗せて to ki wo to me te 時を留めて ko u te i no te tsu bo u de sa ka a ga ri de ki ru ka na 校庭の鉄棒で逆上がり出来るかな ka ta wo yo ri so e ba ki mi to ki su shi te 肩を寄り添えば 君とキスして REPEAT * ka ze no na i ma chi de ku re ra shi na re te ta ke do 風のない街で暮らし慣れてたけど bo ku to ka za mi do ri sa ga shi a te ta so ra 僕と風見鶏探しあてた空 a ka ne sa su so ra wo mi a ge te 茜さす空を見上げて bo u no shi ra na i ki mi ni na tte 僕の知らない君になって do te ni sa ku ha na wo mi o ro shi 土手にさく花を見下ろし ko ko e mi ka e su bo ku ni na tta 微笑み返す僕になった se tsu na ku te ta da i to shi ku te 切なくてただ愛しくて ku re yu ku na tsu ka ze ni na tte 暮れゆく夏風になって hi to mi to ji te mi mi wo su ma se ba 瞳閉じて耳を澄ませば bo ku to ki mi no mi ra i ni na tta 僕と君の未来になった bo ku to ki mi no mi ra i ni na tta 僕と君の未来になった [中譯] 風向雞 遠望著夏日的結束想些什麼 對著沾上露水的小草馳騁想像 回到穿越過來的那時刻 直到走累了的我的眼中 連天空都看來溫柔時 被風聲的誘惑 我倆前往妳誕生的場所 夾雜著方言的說話聲 讓你變的更令人憐愛 夕陽天空下 明天會是晴天嗎? 試著把鞋子朝天空高高的踢上去 抬頭望著暗紅色的天空 變成我所不熟悉的妳 低頭看土堤上開放的花 微笑著回應的我 你融進重疊的記憶裡 就只是這樣 斜背著昆蟲箱 留下擦傷一面看著 浮在天空的雲朵 乘著夢想留住時光 能否成功的翻過校園裡的單槓呢? 肩並著肩 與妳接了吻 風向雞 遠望著夏日的結束想些什麼 對著沾上露水的小草馳騁想像 回到穿越過來的那時刻 我融進我所不知道的景色 就只是這樣 雖然已經習慣住在沒有風的都市 我與風向雞 仍找尋著那天空 抬頭看著暗紅色的天空 變成我所不熟悉的妳 低頭看土堤上開放的花 微笑著回應的我 成為我與妳的未來…. 同年、『第42回オリコン年間ランキン グ2009』で、シングル、アルバム、DVD、アーティスト・トータルセールスでそれぞれ1位を獲得し、史上初の4冠を達成するなど、名実ともに国民的アイドルグループのひとつに成長した。 。 歌: 作詞:依田和夫 作曲:依田和夫 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに想いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 歩き疲れてた僕に空がやさしく見えるまで 風音に誘われ君の生まれた場所へ二人 方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって 夕焼け空の下 明日は晴れるかな 靴を空高く蹴飛ばしてみたり 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 重ね合わす記憶に君が溶け込む それだけで 虫カゴたすきに掛け すり傷作りながら見てた 空に浮かぶ雲に 夢を乗せて時を留めて 校庭の鉄棒で逆上がり出来るかな 肩を寄り添えば 君とキスしてた 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに思いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 僕の知らない景色に僕が溶け込む それだけで 風のない街で暮らし慣れてたけど 僕と風見鶏 探しあてた空 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 切なくてただ愛しくて 暮れゆく夏 風になって 瞳閉じて耳を澄ませば 僕と君の未来になった 僕と君の未来になった…. 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに想いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 歩き疲れてた僕に空がやさしく見えるまで 風音に誘われ君の生まれた場所へ二人 方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって 夕焼け空の下 明日は晴れるかな 靴を空高く蹴飛ばしてみたり 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 重ね合わす記憶に君が溶け込む それだけで 虫カゴたすきに掛け すり傷作りながら見てた 空に浮かぶ雲に 夢を乗せて時を留めて 校庭の鉄棒で逆上がり出来るかな 肩を寄り添えば 君とキスしてた 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに思いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 僕の知らない景色に僕が溶け込む それだけで 風のない街で暮らし慣れてたけど 僕と風見鶏 探しあてた空 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 切なくてただ愛しくて 暮れゆく夏 風になって 瞳閉じて耳を澄ませば 僕と君の未来になった 僕と君の未来になった… Powered by この曲を購入する プロフィール 相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔によるアイドルグループ。 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに想いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 歩き疲れてた僕に空がやさしく見えるまで 風音に誘われ君の生まれた場所へ二人 方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって 夕焼け空の下 明日は晴れるかな 靴を空高く蹴飛ばしてみたり 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 重ね合わす記憶に君が溶け込む それだけで 虫カゴたすきに掛け すり傷作りながら見てた 空に浮かぶ雲に 夢を乗せて時を留めて 校庭の鉄棒で逆上がり出来るかな 肩を寄り添えば 君とキスしてた 風見鶏 夏の終わりを遠くに見て何想う つゆくさに思いを馳 は せて 駆け抜けた頃に戻って 僕の知らない景色に僕が溶け込む それだけで 風のない街で暮らし慣れてたけど 僕と風見鶏 探しあてた空 茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって 土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった 切なくてただ愛しくて 暮れゆく夏 風になって 瞳閉じて耳を澄ませば 僕と君の未来になった 僕と君の未来になった…. アーティスト活動以外にも、グ… SINGLE このアーティストの人気シングル. その勢いは止まらず、10年には5大ドームツアー、国立競技場史上初4Days公演を敢行し、自己最多となる86万人を動員。 。

もっと

コブクロ 風見鶏 歌詞&動画視聴

。 。

もっと

嵐 風見鶏 歌詞

。 。 。 。

もっと

丸山圭子 風見鶏 歌詞&動画視聴

。 。 。 。 。 。

もっと

歌詞 「風見鶏」嵐 (無料)

。 。 。 。 。

もっと

コブクロ / 風見鶏

。 。 。

もっと