確定 申告 訂正。 確定申告書の記入ミスを訂正するには?

確定申告を修正する時の注意点|間違っていた場合の対応方法

イ 誤りに気がついたらできるだけ早く修正申告してください。 確定申告の期限前の「訂正申告」 確定申告書の間違いに気付いたのが、まだ確定申告の法定期限である3月15日以前であれば、「訂正申告」の手続きで修正をします。 請求額の計算書 ここは更正する年の確定申告書で記載した金額と、正しい金額を記載する欄です。 一方、確定申告期限後、つまり3月16日以降に確定申告書の間違いに気付いた場合は、訂正申告、もしくは修正申告いずれかの手続きをします。

もっと

確定申告書を書き間違えたときの訂正方法

市役所で住民税だけ修正申告しました 住民税の申告は、所得税の確定申告をすれば自動的に税務署から市役所に情報が行くようになっています。

もっと

確定申告が間違っていたとき|国税庁

一方、自主的な期限後申告をすれば5%に軽減されますし、1ヶ月以内で一定の要件を満たせば無申告加算税は飾れません。 9%(平成30年分)ですが、やはり税務署からの指摘を待っているうちに嵩んでいくことになります。 国税庁の確低申告作成コーナーのe-Taxソフトを活用した場合の具体的な手順は以下のとおり。

もっと

確定申告を間違えたら?申告書【第五表】+【B第一表】で修正申告!

をして税金を還付することになります。 例えば、プライベートでの飲食費を間違えて必要経費に計上してしまった場合や、所得金額が多くなってしまい、扶養の対象とならない親族を扶養親族として申告してしまった場合、などに修正申告が必要となります。

もっと

確定申告を間違えたら?申告書【第五表】+【B第一表】で修正申告!

つまり、修正申告が遅くなれば遅くなるほと、納める税金額が増えていくということです。 年によっては延滞税の割合が変わる場合もあります。 もし指摘を受けた場合は過少申告加算税も支払う義務があります。 記載内容も本来の申告書とまったく同じです。 では、それぞれの修正方法について詳しくみていきましょう。 3月15日までに確定申告書の間違いに気付いた場合は、確定申告期限前となり訂正申告の手続きをします。

もっと