明石家 さんま youtube。 明石家さんま、“木下優樹菜宅を訪問”も注目のYouTube進出企画の衝撃!(2020年11月11日)|BIGLOBEニュース

渡部建と木下優樹菜の自宅凸撃!明石家さんま、YouTube企画の実現度(2020年11月13日)|BIGLOBEニュース

飯窪春菜:はい。 明石家さんま:本人たちも了解して。

もっと

明石家さんま、YouTubeチャンネルを立ち上げて宮迫博之・アンジャッシュ渡部らの自宅を巡る動画撮影を行う案が出ていると明かす「スポンサーはいないし、そのまま流せる」

村上ショージ:「伊勢谷がな」って 笑 明石家さんま:ふふ 笑. さんまのYouTube進出にSNSでは賛否両論が書き込まれた。 それができない人を老害という。 「この魅力的すぎる企画が最終的にどこまで実現可能なのかは分かりませんが、たしかに渡部とその妻で女優の佐々木希が住む家に凸撃しても怒られなさそうなのはさんまくらいしか居ないかもしれません。 村上ショージ:泊まるんですか? 明石家さんま:木下優樹菜ちゃんのところに泊まられへんやんか。 宮迫博之さんはYouTuberとしてまずまずの人気を獲得し、すでにチャンネル登録者数は113万人を超え、一方の蛍原徹さんは1人で『アメトーーク!』のMCを務め、後輩芸人らのサポートを受けて番組を盛り上げており、このままそれぞれが別の場所で活躍するというのもありな気もしますが、今後また雨上がり決死隊の2人が並んだ姿も見たいものですね。 (それで)YouTubeを見始めると、2時間ぐらいいっちゃって…」と悩みを吐露し、専門家がアドバイスする展開となった。 明石家さんま:そうやなぁ。

もっと

明石家さんまが吉本興業の要請暴露「YouTube出ないでほしい」

横山玲奈:そうですけどね 笑 明石家さんま:俺が風呂先に入ったげるから。 かねて「YouTubeはテレビの敵」「俺はテレビに育てられた人間」と豪語し、雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネルにも頑なに出演を拒否してきたとされるさんま。 女性おるところはアカンって。 明石家さんま:うん。 「今回のさんまの発言にネット上で反発の声が相次いでいるんですよ」と語るのはITライターだ。 横山玲奈:え? 村上ショージ:決まったんですか? 明石家さんま:それは決まってない、「やって欲しい」と。

もっと

【悲報】明石家さんまが“YouTube”を強烈拒否!「テレビ人の敵はYouTubeやねんで!」

村上ショージ:みんな集めて、「こんなこと言うとったんや」って話をもう一回、してあげたらどうですか? 明石家さんま:ふふ 笑 「実はな…」とか 笑 「こうやねん」とか。 この取材からすでに8ヶ月以上が経っていますが、現在も宮迫博之さんと吉本興業は和解には至っていない様子で、この状態が長引けば長引くほどレギュラー番組への復帰は困難になりそうです。 あいつらも助かるやろ」とも話していたさんま。 「この魅力的すぎる企画が最終的にどこまで実現可能なのかは分かりませんが、たしかに渡部とその妻で女優の佐々木希が住む家に凸撃しても怒られなさそうなのはさんまくらいしか居ないかもしれません。 (木村慎吾). それはそのまま1日で行くわ』など、具体的な内容にも触れていました」(同) この件について、ネット上では「宮迫とか渡部の部屋、ちょっと見てみたい」「番組内の企画なら面白くなりそう」と期待する声もあるが、一方で「さんまってYouTuberのことバカにしてたよね?」「YouTubeには出ないんじゃないの?」などと、疑問を抱く人も少なくない。

もっと

渡部建と木下優樹菜の自宅凸撃!明石家さんま、YouTube企画の実現度

」と突っ込むも、さんまの暴露は止まらず。 吉本なのに、宮迫のYouTubeに出てる中田敦彦は、根性あるな。 YouTubeで復帰した『雨上がり決死隊』の宮迫博之に対するメッセージだと、ネット上で盛り上がっている。

もっと

明石家さんまがYouTube進出のプラン告白 SNSでは賛否両論

明石家さんま:毎日放送さんのアレで当たり前のことやねんけど。 ぶっちゃけ規制だらけのTVに戻ってほしくないと思ってしまう などの声が上がっています。 しかし、MCを務める「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)の企画内で、期間限定のユーチューバーデビューを果たす可能性があるという。 net YouTubeはしがらみや理不尽な掟がないからな 意味不明な芸能界ルールや芸人ルールの中で生きてきたさんまには敵だろう。 しかし、明石家さんまさんはその後も 「俺は(YouTubeに)出てもええねんけど、(吉本興業側は)『なるべく出ないでほしい』って」と言われていることをぶっちゃけていました。 『やって欲しい』(と言われている)」と、あくまでオファー段階だが、さんまは「YouTubeの場合、スポンサーはいないし、そのまま流せんねん」と自由な配信ができることに期待していた。 今年の上半期だけでも、川口春奈、江頭2:50、石橋貴明、手越祐也ら大物芸能人が次々と「YouTuberデビュー」を果たしている。

もっと