竹 取 物語 曲。 竹取物语(十世纪初日本文学作品)_百度百科

竹取物語(國民文庫)

—— 《玉篇》 木直中绳,輮以为轮,其曲中规。

もっと

竹取物语(十世纪初日本文学作品)_百度百科

かぐや姫のある所に至りて見れば、なほ物思へるけしきなり。

もっと

竹取物语(十世纪初日本文学作品)_百度百科

後光厳院本(断簡):第1類 頃写• 』と答ふ。 今一人には、「唐土にある、火鼠の 裘 かはごろもを給へ。 」といへば、 かぐや姫、「何事をか宣はん事を承らざらん。 誰が爲にか何事もようもなし。 」と見給ひけるに、御こゝちも違ひて、唐櫃の蓋に入れられ給ふべくもあらず、御腰は折れにけり。 「かひなし。

もっと

曲的解释

かぐや姫は「あなうれし。 しかし、物語中の4人の貴公子まではその実在の公卿4人が連想されるものの、5人のうち最も卑劣な人物として描かれる車持皇子と、最後のひとり藤原不比等がまるで似ていないことにも触れている。 これを かぐや姫聞きてとぶらひにやる歌、 さて かぐや姫かたち世に似ずめでたきことを、 帝聞しめして、 内侍中臣のふさ子にの給ふ、「多くの人の身を徒になしてあはざ ンなる かぐや姫は、いかばかりの女ぞ。

もっと

竹取物语(十世纪初日本文学作品)_百度百科

これを、かぐや姫聞きて、『我は、皇子に負けぬべし』と、胸うちつぶれて思ひけり。 如:曲士 乡曲之士 ;曲落 村庄 ;曲道 乡曲,乡里 ;曲辫子 乡愚 6 小巷 [lane]。

もっと