コンピタンス 意味。 コア・コンピタンスとは・意味|創造と変革のMBA グロービス経営大学院

コア・コンピタンスの意味

企業において、コンピテンシーとはどのようなことを指す言葉として使われているのでしょうか。 この中で「コアコンピタンス」は、「顧客に特定の利益をもたらす技術やスキル、ノウハウの集合」であるという説明がされています。 福岡校• また、すぐに成果を求めず、長期的な視点を持って継続することも大事です。 コンピテンシーの定義やコンピテンシーの生まれた背景・歴史について紹介します。

もっと

コア・コンピタンスの意味

必要なポイントも把握しておくことで、コア・コンピタンス経営も取り入れることができます。 トヨタのサプライチェーンこそがコア・コンピタンスであり、開発設計の時間が世界でもトップクラスで短いため、販売のトヨタと呼ばれています。 「コアコンピタンス」の最後の条件は、自社能力が厳しい市場や複数の商品の中で応用できるかどうかです。

もっと

コアコンピタンスとは何? Weblio辞書

なお、コア・コンピタンスに関連した言葉として、企業成長の原動力となる組織的能力や強みを意味するのが「ケイパビリティ」です。 日本語における「コアコンピタンス」の意味も、原語の意味合いをそのまま移植したものとなっています。 そのため、高品質・低価格の面でユニクロに優っている企業ありません。 その中でも特に重要なコンピタンスを「 中核になるコンピタンス」すなわち「コア・コンピタンス」と呼びます。 どちらでも意味や用法は変わらない。 コアコンピタンスの意味とは?使い方や例文 コアコンピタンスの意味 「コアコンピタンス」は、英語の「Core competence」という表現をカタカナに移し替えた言葉です。 ビジネス用語として使われる場合には、企業がある事業を遂行するにあたっての、「組織としてのすぐれた能力」を指すのが一般的です。

もっと

「コアコンピタンス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

競合相手に真似されない自社能力。 コアコンピタンスの使い方・例文 「コアコンピタンス」は上で見たように、「他社にはない独自の強みとなる自社能力」などの意味合いで使われます。 無理なく運用できる方法を模索した上で、コンピテンシーを社内に導入してみてはいかがでしょうか。 分かりやすく言うと、コンピテンスの種類としてコンピテンシーが存在するイメージです。

もっと