デイズ ルークス ハイウェイ スター x。 デイズルークス/ハイウェイスターのグレード別価格と装備の違いを比較

日産:デイズ ルークス [ DAYZ ROOX ] 軽自動車 | グレード | グレード別 主な装備

Gパッケージで搭載される6スピーカーもまた、同様です。 ボディカラーはモノトーンはデイズルークスからホワイトパール3コートパール(特別塗装色) 、ブラックパール 、アッシュブラウンメタリック(特別塗装色)、スターリングシルバーメタリック(「S」・「X」専用色)、チタニウムグレーメタリック(「ハイウェイスター」専用色) を踏襲し、デイズルークスでは全グレード設定可能だったプレミアムサンシャインオレンジメタリック(特別塗装色) は「S」・「X」専用色へ移行。 - 当車の通算2代目。 内外装に専用部品、特別なカラーがおごられ、「愛嬌(あいきょう)のあるエレガントなスタイル」が演出されている。 販売の再開の有無や再開時期については現時点で未定とされた。 - 2013年10月3日 デイズルークス ティザーサイト• ハイウェイスターには64psのターボエンジンと52psのNAエンジン車を設定。

もっと

デイズルークスの口コミ評判ってどうなの?

ベストグレードはハイウェイスターXターボ• プレミアムパープル• デイズルークスとは異なり、カスタムのみの設定である(標準タイプのeKスペース「G Style Edition」には、デイズルークスには設定が無い「ウォーターブルーメタリック」が設定されているため)。 ドア下に足を振り入れるとドアが開閉できるハンズフリーオートスライドドアを設定 5. 前後の座席の間隔がたっぷりとってあるので足を伸ばせてのんびりとくつろげます。 C型に並ぶボタンは、エアコンの風量を選択するためのスイッチ。 ただし、カラーコードはデイズルークスのからに変更• eKスペースでのミントブルーメタリック相当。 Bluetooth接続• メーターパネルは、オーソドックスな2眼タイプ。 新たに、システムとヒルスタートアシストを標準装備した「X アイドリングストップ」と「ハイウェイスター アイドリングストップ」を追加。

もっと

栃木県 デイズルークス ハイウェイスター X(日産)の中古車

運転席エアバッグ• ハイウェイスターはC27型セレナやにも採用されているVモーショングリルと大開口バンパーを組み合わせたデザインのフロントグリルとなり、eKスペースと完全にデザインが差別化された。

もっと

日産 デイズルークスの口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ターボ車を除く全車に、アイドリングストップを採用。 4mmだったスクエアタイプから、新型ではより低回転域からのトルクを重視した62. バック駐車や縦列駐車が苦手な方にはかなり嬉しい装備です。 特別仕様車には、「ハイウェイスター」をベースにしたカスタムカー「ライダー」、「ライダー」をベースにさらに個性を強めた特別仕様車「ライダー ブラックライン」を設定。 ボディカラーは、ルーフとボディの色が異なる2トーンカラーを新規に4色追加したほか、ハイウェイスター系に「スパークリングレッド」、「チタニウムグレー」、「ピンクゴールド」を追加し、通常車に全14色と、特別仕様車に全5色を用意。

もっと

日産:ルークス [ ROOX ] 軽自動車

2015年4月改良型がベースとなる従来モデルからの変更点として、「X Vセレクション」はパワーウィンドウスイッチベースをシルバー加飾付のピアノ調に変更。 2012年6月からは、マツダにもフレアワゴンとしてOEM生産されている。 今回、「X」と「ハイウェイスターX」を除く全グレードに、「エマージェンシーブレーキ」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「VDC」等をセットにした、パッケージオプションを設定。

もっと

新型ルークスハイウェイスターが快適!! 日産の「虎の子」 早くも売れまくり!!

車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、ルークスでは停車状態まで制御を続けるが、N-BOXでは追従速度が時速25km未満に下がるとキャンセルされてしまう。 4スピーカー• スペック 車種名 デイズルークス メーカー 日産 価格 1,337,040円~2,093,040円 燃費 20. ひと目で、室内の広さが見て取れる。 燃費不正問題の対象車のため販売が中止される。

もっと

デイズルークス ハイウェイスター Xターボの中古車を探すなら【グーネット中古車】|日産の中古車情報

オートライトシステム ワイパー連動• さらに、「X Vセレクション」にはパワーウィンドウスイッチベースにシルバーフィニッシャーを、インサイドドアハンドルにメッキをそれぞれ採用。 合流時でも十分なパワーを感じることができます。 ルークスは座面が短く、N-BOXは柔軟性が乏しい。 ランフラットタイヤ• またエンジンの負荷を低減し高い経済性を実現したバッテリーアシストシステムを採用したことにより、ガソリン消費量を抑え燃費向上に寄与。 リアシーリングファン 室内が広い分、空気の循環が難しく後部席が暑くなりがち。 また、全グレードにおいてチャイルドシート用アンカーと乗降グリップ(左右)を新たに標準装備し、「E」は内装色の変更を行った。

もっと