アトレティコ 対 ベティス。 難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》(超ワールドサッカー)

アトレティコがベティス下してリーグ2連勝! ジョレンテ&スアレス弾で撃破

関連ニュース アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、バイエルン戦の内容を評価した。 すると86分にPKを献上してしまい、途中出場のMFトーマス・ミュラーに沈められ1-1で試合終了。 すでに突破を決めているバイエルンが主力を温存して臨んだ中、26分にFWジョアン・フェリックスのゴールでアトレティコが先制する。 2015-16シーズン シーズン開幕後の2015年8月31日、下部組織出身であり、クラブ史上初の出場メンバーでもあるの獲得を発表した。 1995-1998• カナーレスがサイドへ食いついたところで、アンカーの脇に顔を出しボールを受け攻撃の起点になるシーンもあった。

もっと

2017/12/10 ラ リーガ ベティス 対 アトレティコ・マドリー のマッチレポート

左からのプレス アトレティコの左サイド。

もっと

【ラ・リーガ】アトレティコ・マドリ―VSレアル・ベティス|りんぐ|note

2006-2009• ブンデス [11月28日 7:25]• 前半を両者スコアレスで終えると、後半開始直後の46分にスコアが変動する。 中央へベティスのボールを引き込んでボールを奪う。 2011年4月26日閲覧。 その後、セビージャとのダービーに敵地で勝利したり、にホームで行われたバルセロナ戦に引き分けるなど健闘したが、とのでのアウェー戦の6失点や3月の全4試合引き分けと4月下旬から5月上旬の4連敗が大きく響いて、最終節に同じく残留を争っていたとのホームゲームでスコアレスドローに終わり、勝利したとに抜かれ残留圏内の16位から降格圏内の18位に転落。 ベティスはゴール前でのプレーはほとんどさせてもらえなかった。 リターンが フェダルに入ると トーマスは グアルダードのパスコースを切りながらそのままプレス。

もっと

シメオネ・アトレティコ、18度目の正直!カラスコ弾でついにバルサ相手に初勝利 (1/2ページ)

2009年12月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 1点目はこの形から生まれた。

もっと

難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》(超ワールドサッカー)

2008-2009• ボールプレスは基本の配置から複雑かつ緻密に変化しボールを奪いにいったのは流石だった。 1999-2005• SHはルマル、エレーラというチョイス。 一方アトレティコは83分ごろに2点目を挙げ、ベティスも1点返しましたが、時すでに遅しと試合終了。 後者のシーズンには平均観客数でヨーロッパ第37位のクラブと認められた。 中央では罠を仕掛けて、相手のボールを中央へ引き出して奪った。 1930年代の黄金期と衰退 [ ] 1934-35シーズンのリーグ優勝記念碑 1931年から1939年まではスペインでが成立し、ベティスとはクラブ名から「レアル」の文字を取り除いた。 昇降格を繰り返すが人気が衰えないベティスを表すフレーズに、「ベティス万歳、たとえ敗れようとも! オスカル・ガルシア前監督の解任に伴い招へいされたアルゼンチン出身の指揮官は、強豪相手の一戦でどのような初采配を見せるか注目されている。

もっと

難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》(超ワールドサッカー)

彼は1965年まで10年間会長職にあったが、1966年に癌のために死去した。 思わず、あれ外すかと思ってしまいました。 アトレティコではDFホセ・ヒメネスの負傷離脱に伴い、加入1年目の昨季は公式戦36試合に出場したが、ディエゴ・シメオネ監督はヒメネスとDFステファン・サビッチをファーストチョイスとしており、3バックを試した先のバルセロナ戦では、3人目のセンターバックはフェリペではなくDFマリオ・エルモソだった。

もっと

ビルバオ対ベティス

2005-2006• GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKブラーボの好セーブに防がれた。 バロンピエとは一般的に使用されるフトボル futbol と同じく、スペイン語でサッカーの意味である。

もっと

レアル・ベティス

。 僕がここで注目したのは、コレアが当然のようにモレノにプレッシングを仕掛けに行っていた部分です。 ウエスカはいまだ未勝利ながら6試合で引き分けており、内容的にも悪くない戦いを見せている。 すると開始早々の46分、左サイドでスローインを受けたエルモソのパスからボックス左に侵入したM・ジョレンテが縦に切り込むと、飛び出したGKのニアを抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 ベティスの左サイドへプレス。 プレー中に右モモ裏を痛めたカラスコがプレー続行不可能となり、ビトロを緊急投入した。

もっと

【ラ・リーガ】アトレティコ・マドリ―VSレアル・ベティス|りんぐ|note

4-4-2の非常にコンパクトなブロックを作った。 2016-17シーズン 大きな戦力の上積みはなかったが、シーズン終了後にへ移籍することになるら、若手の台頭が見られた。 また、予選の対戦も当地で開催され、歴史的な12-1というスコアが生まれた。 ここの中盤の攻防も非常に面白かった。 それでも31歳という年齢や、契約が2022年までとなっていることから、可能性は低くないと『アス』は踏んでいる。 セグンダ降格 [ ] 2008年夏にはやを獲得して中盤の構成力を大きく上げ、スペイン代表としてに出場したを移籍期間終了直前に獲得して前線の選手層に厚みを加えた。

もっと