中国 漁船 衝突 事件。 尖閣「中国漁船衝突」から10年 映像を投稿した元海保「一色正春氏」に訊く(デイリー新潮)

尖閣諸島問題

、読売新聞 2012年9月15日• これは漁船衝突事件以来12回目の接続水域への中国公船の進入で初の領海侵犯となる。 は「の輸出規制」、「膨張する軍事予算」、「サイバー戦力」、「日米同盟」、「買い増し・」などに触れ、「海底に国旗を立てて領有権を主張する 中国に日本はこんなに無防備でいいのか」という論調で分析した。 からの「争い」とは、漁業権や一時的な防衛担当範囲のことであり行政区分では一貫して沖縄県に属しており、尖閣諸島が台湾に属していた事実はない。

もっと

外務省: 尖閣諸島周辺領海内における我が国巡視船に対する中国漁船による衝突事件(中国側とのやりとりを中心とした経緯)

赤尾嶼と久米島の間に「郊」とあり、これが「中外ノ界」であったと説明される。 2010年11月12日閲覧。 地図の記載のみをもって当時の中国政府が日本の尖閣諸島への支配を認めていたという根拠にはなり得ないし、同地図の注記には「中国との国境線の部分は,抗日戦争前の地図を基にしている」とある。 に清のの命により編纂された地理書『』の第335巻には、台湾府の北東端が「鶏籠城」(現)と記され、また同本に収録の「台湾府図」にも「鶏籠城界」と書かれており、その更にはるか東北の尖閣群島は清国の界線外であることが明示されている。 この発言は日本で動揺を起こし、米国はそれに対して、尖閣は日米安保5条の適用範囲内であると表明した。

もっと

尖閣中国漁船衝突事件から10年報道したのは産経朝日NHKのみ

また小池は、10日に菅首相が各府省の事務次官らを集めた事について、民主党が官僚支配の象徴として自ら廃止を決めたという経緯があるに触れ、「あほだと思う」と非難した。 この日本側の動きに対して中国政府の外務報道官は、「日本は司法にのっとって即時に船長を安全に解放すべきだ」と発表した。 久米島で役人が迎えたのは琉球国の西端を示し、一方明国の東端は「大明一統志」など諸史料に記載の通り大陸沿岸であった。 comの事件を特集したサイト「 中国渔船与日本巡逻船发生相撞」では、中国船と日本の巡視船の衝突の様子や衝突箇所が、日本の報道と異なっている。 岡田幹事長は11月11日の記者会見で、野党から馬淵国交大臣らの責任追及の声が出ていることに対して、「責任論を議論するのはまだ早いと思います、まず事実解明、(中略)詳細がはっきりしないとあまり軽々に責任論を言うべきでないと、私はそういうふうに考えております」と述べた。 「悪政に対する一揆で、彼の行為は正義に基づくもの」などと述べ、仙谷官房長官を告訴する意向を明らかにした。 同年8月、内務卿は沖縄県に対して、魚釣島、大正島、久場島の三島への調査を命じた。

もっと

尖閣付近の「正体不明の漁船」とは何か。メディアが中国外相発言を追求しない理由

映像を見れば、どちらが悪いか一目瞭然だからだ。 5年前の調査と比較して南小島のが20万羽から1万羽、北小島のは50万羽から10万羽に激減していた。 この判断は、あくまで検察独自の判断として、当時は発表されていたが、実際には菅元首相の強い意向と指示によるものであったことは、前原元外相の最近のインタビューにもあるとおりである。 もし当局が胡馬島は尖閣だと分からなかったのなら、福建当局は尖閣付近の海域について何も知らなかったことになる。 に日本政府が尖閣諸島を民間から買い上げすることをすると、中国の各メディアは大々的に尖閣特番を編制し中国国民の反日感情を煽り連日に渡って反日デモが繰り返されるようになった。

もっと

「尖閣漁船衝突事件の真相(前原元外相に聞く)」10月7日20時配信スタート|一般財団法人 創発プラットフォームのプレスリリース

中国海警局の公船が日本領海への侵入を繰り返す沖縄・尖閣諸島沖。 この日本側の動きに対して中国政府の外務報道官は、「日本は司法にのっとって即時に船長を安全に解放すべきだ」と発表した。 中国政府の反応 に中国政府が発表した声明文の要旨は以下の通り。 1895年の日本による尖閣諸島編入に関する争点 北京政府・台北政府・中国領論者の主張 日本政府・日本領論者の主張 の追加条項で、日本と清国で琉球を分割しようとするが発生した。 10月24日、2隻の「漁政」が尖閣諸島近海の接続水域内に進入・徘徊し、のによる監視と警告を受けた。 「案山」は風水穴の前の低く小さな山のことで、那覇の前方 西方 の 土納己山 を指す。

もっと

外務省: 尖閣諸島周辺領海内における我が国巡視船に対する中国漁船による衝突事件(中国側とのやりとりを中心とした経緯)

10日(金曜日) 10時前後 丹羽在中国大使が 外交部長と会見。

もっと

尖閣付近の「正体不明の漁船」とは何か。メディアが中国外相発言を追求しない理由

中国は、日本は脅せば譲る、とまた自信を持って無理難題を言う。 。 、NHKニュース 2012年9月15日• 国家としてあってはならないこと。 尖閣諸島の開発 [ ] 尖閣諸島 魚釣島の住民(1910年頃) 尖閣領有の閣議決定後、政府から4島の無償貸与を受け、開発許可を得た古賀は魚釣島で工場を経営した。 また、2020年のの元外相への取材によると、民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきたが、実際は当時首相だった菅直人が、首脳会議があるとして「が来なくなる」と強い口調で迫り、逮捕した中国人船長の釈放を求めたという。

もっと