鳩原 ループ 線。 ぐるぐる回る!地形図で堪能する鉄道ループ線3選

鉄道遺産を訪ねて「ループ線」

空も見える大きな窓が特徴で、広がりのある車窓風景を楽しむことができます。 朝と夜とでは食堂車の雰囲気が全く違って見えます。 ループ線を通るのは上り電車だけで下り線はループ線を通らないそうです。 そして、途中で、国道から川を渡って線路沿いの未舗装道路に出る道を見つけ()、その後は、来た道を逆方向に歩いて帰りました。

もっと

鳩原信号場

また、軌道保守の省力化のため、道床コンクリート(木枕木(まくらぎ)をコンクリートに埋め込んだ軌道)が採用されている。 鳩原ループ線の先にある新疋田駅の駅舎正面に掲げられた看板は、黄色の「愛」と「発」の文字が目を引く。 当然ながら最初から決まっていた行動です。 やトンネルと組み合わせて、全国各地で見られましたが、長大トンネルが掘削できるようになったため、曲線が多く距離が長くなるループ線を使用しなくても緩勾配ルートが選定できるようになり、ループ線は減少する傾向にあります。

もっと

鉄道遺産を訪ねて「ループ線」|歴史|トレたび

北陸新幹線が開通しても3時間前後かかる見通しであり、便数、もあり、市民の中に「新幹線不要論」もある。 地図で鉄道路線を眺めていると、どこまでも続く線路に誘われ、遠い地への憧れ、空想が広がりますよね。

もっと

『北陸本線敦賀・新疋田間に鳩原ループ線があります。ループ線(ぐるりと廻っている線)』by Elliott

左の奥に見える赤いものは、線路をくぐる国道8号線の高さ制限です。 ただ車両差し替えは無くも無いことなので、遅れてでも非パノの雷鳥4号、12号、そして日本海は来ていただかないと困る。 下の線路は下り線です。 勾配を一周回りで上る「ループ線」 「ループ線」とは高低差の大きな線区で勾配を緩くするため、線路をループ状に一周させて勾配を克服する方法です。 しかし1時52分頃熱でトンネル天井に設置されていた漏水誘導用樋が溶け落ち、架線に触れてショートを起こし停電したため、列車は身動きが取れない状態に陥った。 柳ヶ瀬線の運行を続行するためには、巨額の費用を投じて敦賀から鳩原信号場の位置までを線増するのでない限り、北陸本線の下り線に柳ヶ瀬線の上り列車を運転しなければならず、保安上の問題があるとともに北陸本線のを制約する原因になるとされた。 この日はあいにくの天気でしたが、素晴らしい風景を楽しめました。

もっと