雌雄 を 決する 由来 乗馬。 雌雄を決するの意味とは?語源や由来・例文を解説

【雌雄を決する(しゆうをけっする)の意味】使い方や語源を解説!

【造形】 ・絵画、彫刻、建築など、形のあるものを造ること。 80回大会の準々決勝で、横浜とPL学園が、延長17回までの戦いを繰り広げたものですね。

もっと

「ずらかる」の語源とは?ずらかるは方言?意味も含めて徹底調査!

「雌雄を決する」の類語• 「雌雄を決する」の使い方と例文 一般的な話し合いに使うのはちょっと大げさ? 「雌雄を決する」は、物事での決着を付けたり、戦うことで勝敗をつけることを表します。 お互いに争い合ったり、助け合ったりした結果、どちらも立ち行かなくなって倒れてしまうことを意味します。 「ずらかる」は逃げるという意味ですが、 ただ逃げるだけでなく、「何か悪いことをして」逃げるというのが本来の意味です。 両軍の激しい衝突は何度かあったが、 雌雄を決するものではなかった。 そのため、ごく一般的な話し合いや社内ミーティングに対して使うのは、やや大げさな言い回しになってしまうことがあります。 決着をつけること。

もっと

乗馬に由来する言葉は?【ことば検定】 答え林修

くわしい説明はこちらの記事が参考になります。 まとめ 雄が強くて雌が強いなんて、時代にそぐわない差別的な言葉だと思う人もいるかもしれないが、にわとりやカイコの雌と雄を識別することは経済的に重要だったのでこの言葉ができたと言われている。 戦うことができない女性が「弱いもの」とされるには、十分な時代背景だったと考えられます。 例えば、「to fight a decisive battle」のような例文ですね。

もっと

雌雄を決するの意味とは?語源や由来・例文を解説

均衡しているとされる評価や実力を周囲の者に改めてもらい、ライバル関係に終止符を打つときに使ってみると良いでしょう。 ハッキリさせる• 県大会の決勝戦ともあって、雌雄を決する試合が期待される。 まとめ 「雌雄をけっする」の語源は、中国の書物である「史記」に由来しています。 【造形美】 ・創造してつくられた形の美しさのこと。 戦争が遠いものとなった現代では、スポーツやビジネスなどが、メインの戦いの場ですね。 由来となったこちらのエピソードが転じて、「雌雄を決する」には、こじれた物事に対して「けりをつける」という意味が含まれるようにもなりました。

もっと

「ずらかる」の語源とは?ずらかるは方言?意味も含めて徹底調査!

また、ある有名な芸術家の作品を模倣してつくった場合も「造型」ということになります。 熱い大勝負に触発されて、スポーツを始めてみたくなった方は、こちらの記事などを参考にしてみましょう。 問題を考えた女性スタッフの表情に「憂いが・・・」と林先生。 今から紹介するように、 「雌雄を決する」は言い換え表現が数多くありますので、 何もこの言葉だけを使わないといけないわけではないです。

もっと

「雄雌を決する」の意味と語源とは?使い方の例文と類語も紹介

一般的には、動物は「メス」よりも 「オス」の方が強いですよね? 肉食動物の「ライオン」、あるいは 草食動物の「シカ」などを見ても一目瞭然でしょう。

もっと

【雌雄を決する】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

しかし、この「造形」と「造型」、芸術や建築の世界では別の意味として使い分けされています。 女性優位社会にできた概念でしょうか。 合格通知が届き、白黒はっきりできたので気持ちはスッキリしている。 数年にわたる、長い戦いに決着をつけるために、劉邦に一騎打ちを申し込んだときのものだと伝えられています。 首位チームとの直接対決が、 雌雄を決する一戦となるだろう。 「ずらかる」は明治頃から使われていたそう(ということは、鼠小僧は「ずらかる」とは言っていなかったのか)ですが、なぜ「ずらかる」なのか、正確な語源の根拠についてはいまひとつハッキリしませんでした。

もっと