端緒 意味。 「端緒」の読み方や意味とは?使い方と例文や類語と同義語も紹介

【の端緒を開く】の例文集・使い方辞典

「端緒」の本来の読み方、知っていますか? 「端緒」の読み方は? 「端緒」とは 物事の始まり。 … 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』 より引用• 後に北海道煉乳株式会社設立にも参画した。 一九四四年発表の『魯迅』は戦中・戦後の思想界に大きな反響を呼んだ。 日本では1997年に初のプロフェッショナル契約選手が誕生し、プロ化の端緒を開いた。

もっと

「端緒」の読み方や意味とは?使い方と例文や類語と同義語も紹介

五月二日に決定した「あ号作戦」とは、米軍が西部ニューギニア方面に進攻する機会に米航空艦隊主力を捕捉撃滅しようとするもので、第一航空艦隊をマリアナ・ニューギニアの線に展開し、第一機動艦隊を比島中南部に集結待機させて決行しようという大作戦であった。 「端緒として」 蒸気機関の発明を端緒として、一連の技術革新による第一次産業革命が進んだ。 新羅の本心は、日本の出方を探るにある。 同じ「そこから始まる」という意味合いを持っている「発祥」「起源」などは自然発生的であり、いつどこで起きたかを確定することは難しいため、「端緒」の同義語としては「発端」が適しています。 聖徳太子の憲法發布は妹子の遣隋以前に在るけれども、いづれ遣隋以前に隋の國情をば出來るだけ調べられたことであらうから、隋の政治改革をも知つて居られたかも知れぬ。 尤も聖徳太子の斯の如き主義を思ひつかれたのは、支那の秦漢以來の政治にも通曉して居られた爲でもあらうが、或は又た隋代の政治改革を既に知つて居られて、それに倣はれたものと推測し得ることもある。

もっと

「端緒」の読み方や意味とは?使い方と例文や類語と同義語も紹介

可能な解決策を示す証拠 の意• 会談が終われば、有名レストランから呼んだコックが料理を出すことになっている。 基氏までは今川荘に居住したが、やがて遠江国引間荘に移住したという。 自己愛性パーソナリティ障害の研究に先鞭をつけたことでも知られる。 彼が大きな業績を残したのは、特にこれらの分野の境界にあたる部分である。 何かが生まれて、始まる場所 の意• 「端緒」の使い方と例文 「端緒」は書き言葉でよく使う 「端緒」の読みは「たんしょ」で、会話で用いると「短所」と紛らわしくて不便です。

もっと

端緒(たんしょ)の類語・言い換え

凶暴な肉食獣を制御していた催眠機構の不能が、破滅の端緒を開いた。 だがこの時の海軍側にとって「ビアク確保」はむしろ添えもので、主目的はすでに発動している「あ号作戦」の端緒を開くことであった。 「緒 しょ 」には、「物事の糸口」「始め」という意味があります。 「端緒」と同じ「緒」という漢字が使用されており、読み方に迷ってしまう言葉の一つに「情緒」という漢字があります。

もっと

「端緒」の読み方や意味とは?使い方と例文や類語と同義語も紹介

そのため「こう読むのだろう」と思い込み、間違った読み方で覚えてしまった、なんて人もいるのでは? そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。 足懸り• ここに見られる完全性を拒否する姿勢こそが、「わび茶」へと繋がる新しい喫茶文化の端緒を開くものであった。

もっと

「たんちょ」ではありません!「端緒」の本来の読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

発端:物事の始まり• 「端緒」の慣用読みが認められたのは『NHKアクセント辞典 43年版』から。 「端を発する」とは、それがきっかけになって物事が始まることを言います。

もっと

「端緒」の読み方や意味とは?使い方と例文や類語と同義語も紹介

サラエボ事件は第一次大戦とは別の事件であることに対して、A社は民間電話会社そのものであるという点が、「端緒」と「嚆矢」の違いです。 「端緒」を構成している「端」という文字には、「はし」のほかに「はじめ」「おこり」「きっかけ」という意味もあります。 引き金:物事が引き起こされる直接的な原因 【「イノベーター」という意味合いの類語】• しかし、現在においては「じょうちょ」という読みが一般的に広く知られ、パソコンやスマートフォンで変換する際にも「じょうちょ」と打たなければ変換ができないほどになっています。 夫のふとした発言が、夫婦喧嘩の 端緒となった。

もっと

「端緒(たんしょ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

この日の会談の結果が、八年に及ぶ著作権裁判の端緒を開くとは、まだ誰も予想していなかった。 問題を解く助けになる証拠 の意• 起源:物事の起こるもと• 「慣用読み」とは、本来間違っている読み方なのですが、一般的に使用され続けることで、間違いではないとみなされるようになってきているため、注意が必要です。

もっと

端緒(たんしょ)の類語・言い換え

… 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』 より引用• まとめ 以上、この記事では「端緒」について解説しました。 「端緒をつかむ」 犯人逮捕の端緒をつかむため、関係者を徹底的にマークすべきだ。 いとぐち。 … 赤瀬川原平『じろじろ日記』 より引用• 皆さんはどのような読み方をしていますか。 隋の文帝は魏晉以來の名族專有の政治を改めて郷官を廢し、後の科擧制度の端緒を開いた人であつて、支那の政治の歴史には重大な關係を有つて居る人である。 現在一般的に使用されている、「じょうちょ」という読みが慣用読みとなります。 このように、「端緒」は同じの意味の漢字同士で成り立っているのです。

もっと