メイン テート 錠。 インデラルの代わりになる?メインテートの緊張・あがりへの効果と持続時間について

メインテート錠の副作用を超分かりやすく!半減期も解説!

1錠中の成分 薬価 ビソプロロールフマル酸塩 0. また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mgを超えないこと。 (60歳代開業医、循環器内科)• もし問題なしと言われた場合、病院からは気にするなとだけ言われて帰されて終わりなのでしょうか? 大学3年生、20歳の女です。 (50代開業医、一般内科)• 【効能C】 通常、成人はビソプロロールフマル酸塩として、1日1回2. ただ、高齢者に対して過度の降圧を行うのは脳梗塞のリスクを高めるので好ましくないとされています。

もっと

メインテート錠0.625mgの薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

不整脈に対してもメインテート(一般名:ビソプロロール)が使用されます。 5mgから開始することに留意した上で、各疾患の指標となる血圧や心拍数、症状等に応じ、開始用量を設定すること。 なんのアドバイスにもなってないんですけど、きっとそのうち慣れて少し楽になるんじゃないかと思います。 〕 異型狭心症の患者〔症状を悪化させるおそれがある。

もっと

メインテート錠2.5mgの添付文書

褐色細胞腫• 血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全• 心不全に対する有効性が海外での臨床試験で確認されており、ヨーロッパを中心に心不全の治療に広く用いられています。 5%で残りは代謝産物(アルキル側鎖の開裂体及びその酸化体)であった。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 5mgの錠剤があり、これらの錠剤を組み合わせて処方されることもあります。 (年齢や症状により適宜増減する) 効果や年齢、症状により適宜増減するが最大で5mgまで。 症状の悪化や心筋梗塞の危険性があります。 ここは個人差もあり、人それぞれですね。

もっと

メインテート錠5mg[田辺三菱製薬]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 75mg、または5mgのいずれかを1日1回服用します。

もっと

メインテート錠2.5mgの添付文書

と言われたんですけど、色々怖いのと子供が小さい(5か月)のであまり運動という運動はしてません。 息切れ、むくみ、脈がとぶ、徐脈などの症状が出た場合はご連絡下さい。 本態性高血圧症(軽症~中等症)• 特発性低血糖症• 625mg経口投与から開始する。 メインテート錠5mg• 3).慢性心不全の場合、本剤の投与初期又は増量時における心不全や体液貯留の悪化(浮腫、体重増加等)を防ぐため、本剤の投与前に体液貯留の治療を十分に行う。 簡単に判断されるよりいいんだ、と思っていますが 最初の頃と違い、朝起きてお弁当を作り始める頃から夜寝るまで、 ほぼ休みなく出ている不整脈と息苦しさでだんだん疲れてきました。

もっと

ビソプロロール:メインテート

また、2週間以上の休薬後に再開する場合、低用量から開始して段階的に増量していきます。 長期投与された後、急にメインテートをやめると離脱症状として狭心症や心筋梗塞、不整脈などを招く恐れがあります。 注意 【診察で】• そうなれば、体内の酸素供給量も少なくなりますから、とてもダルく苦しい状態になると思います。 手足の冷え、しびれ感• デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 〔「その他の注意」の項参照〕 本剤の投与初期及び増量時は、心不全の悪化、浮腫、体重増加、めまい、低血圧、徐脈、血糖値の変動及び腎機能の悪化が起こりやすいので、観察を十分に行い、忍容性を確認すること。

もっと

メインテートを服用した場合、続けなければならないか

それを抑えようと、膵臓から「インシュリン」という物質が分泌されます。 ・心不全を中心に診療しており、基本的にカルベジロールとビソプロロールの2択で考えている。 2週間以上休薬した後、投与を再開する場合には、「用法・用量」の項に従って、低用量から開始し、段階的に増量すること。 また、患者に医師の指示なしに服薬を中止しないよう注意すること。 A ベストアンサー 考えられるのは、心筋梗塞、動脈硬化など、血液の流れが良くないことです。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mgを超えないこと。 本来、心不全には禁忌なのですが、病状によっては有効なことが分かってきました。

もっと

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

末梢循環障害• 個人の判断で使用するのであれば、基本的には少量からはじめ、効き目を確かめながら、様子を見ながら徐々に増量していった方が無難でしょう。 (「重要な基本的注意」の項参照)〕 重篤な肝、腎機能障害のある患者〔薬物の代謝・排泄が遅延し、作用が増強するおそれがある。 8.降圧作用を有する薬剤(降圧剤、硝酸剤)[降圧作用が増強することがあるので、定期的に血圧を測定し、両剤の用量を調節する(相加的に作用(降圧作用)を増強させる)]。

もっと

医療用医薬品 : メインテート (メインテート錠0.625mg 他)

副作用 メインテートは、狭心症のお薬でもある通り、副作用として徐脈があります。 薬についてよく理解した上で自己責任にて使う必要があります。 確実に良くしていきたいですね! すみません、あまり参考にならないかもしれませんが… お大事になさって下さい! Q 3か月ほど前に、突然、心臓がトクンとなるような不整脈を感じ、循環器科を受診しました。 5)又は酢酸(100)に溶けやすい。

もっと