Ipa シン テレワーク。 NTT東日本/IPAが「シン・テレワークシステム」を無償提供!

NTT 東日本

代表的なのは、自宅のパソコン等を用いてリモートデスクトップや仮想デスクトップで社内での業務用端末と同じ利用環境(テレワーク環境)を実現する方法です。 14日の現状報告にて、そのハードウェア機構が明らかとなった。 図 1 のとおり、おもしろい形の突起状のグラフを描いています。 IPAは、本システムが多くの中小企業・組織において利用されることにより、新型コロナ感染防止のための在宅勤務促進に寄与するとともに、本実証実験に係る各種技術の検証や性能向上等が可能となることを期待しています。 ここでは、インストール先を選択して、次へボタンを押します。 本実証実験は、開発中のプログラムや中継システムの技術向上を目的として行なう共同実験であり、常時品質が保証される通信サービスではありません。

もっと

プレス発表 IPAとNTT東日本、新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを緊急で試験構築:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

本施策は、複数の連携組織との協力により、研究開発中の試験的プログラムや無保証のインフラや実験ネットワークを組み合わせや限られたリソースの元で、一時的・緊急的に提供をするものであり、提供されるソフトウェアや通信の品質・機能・性能は、完成された商用レベルではありません。 セキュリティ• Webサイトおよびダウンロード 本システムの使い方およびソフトウェアのダウンロードは、以下のWebサイトから行えます。 4、接続した会社のPCでアプリやYahooやGoogleの動作確認を行う。 中にはあまりお勧めできない方法もあるかと思いますが、数人でやっている会社と大企業では、当然やり方も変わっていいと思います。 技術検証をしたわけではないんですけどね。

もっと

NTT東日本

このボタンを押すと、以下のような画面が表示されます。 新型コロナウイルスに関する政府の緊急事態宣言や在宅勤務への社会的要請を受け、多くの企業や組織で在宅勤務環境の整備が急務となっています。

もっと

プレス発表 IPAとNTT東日本、新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを緊急で試験構築:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ここでは、1と同じファイルをクライアントでインストールします。 サーバー側の画面が表示されたときに、一番上には以下の図のようなツールバーが表示されています。 Windows10のパソコンでは、再起動時の初期画面で綺麗な写真が表示されていますが、これは画面がロックされている状態です。 予め、サーバー設定ツールで ON にしておく必要があります。 この画面になるとすでに接続可能です。

もっと

在宅勤務の救世主!?シン・テレワークシステム試してみました

どうやらSoftEtherという、これまた日本発祥の非常にセキュリティの高い技術が使われているようなので、たぶんこれなら大丈夫…なんじゃないかなと。 というわけで、実にお手軽に、そして多分安全に、自宅から会社のPCにアクセスできる環境を無料で作れました。 Windows10の64ビット版の場合、Program Filesが指定されますのでこのまま「次へ」をクリック インストールがはじまり、セットアップが進行中です。 さらに、サーバー側のパソコンが再起動した場合も、起動時の初期画面は、Windows10の場合は、ロック画面となっており、さらにロック画面の先には、Windows10へのログインの画面があります。 時間を持て余す中、テレワーク需要が高まっているのを受けて、わずか2〜3週間で開発したのが今回のシン・テレワークシステムだ。 リモートデスクトップと同じ要領です。

もっと

y2blog » 「シン・テレワークシステム」を使ってみる(その1 )

通常、家庭LANや企業LANは外向きのHTTPS通信を許可しているので、ファイアウオールなどの設定を変える必要はない。 自宅と会社のパソコンにそれぞれ専用ソフトをインストールすれば、インターネット経由で自宅のパソコンから会社のパソコンを操作できるようになる。 下の画像では念の為ぼかしています。

もっと

シン・テレワークシステムをためしてみた

また、サーバー側のパソコンにおいては、以下のような環境にすることが賢明だと思われます。 シン・テレワーク サーバー設定という名前です。 遠隔の PC の電源を入れるためには、従来より、という標準化された仕組みがあり、多くの PC 端末に標準搭載されています。 実証実験は「2020年10月31日」までの予定でしたが、が決まりました。 もし、サーバー側のパソコンが、シャットダウンされたときには、完全にアクセスすることができなくなります。 設定方法 シン・テレワークシステムは普段職場で利用しているパソコンをホストサーバとし、 自宅のパソコンをクライアントとしてホストサーバにクライアントが接続して操作する構成になっています。

もっと

NTT東日本とIPAの「シン・テレワークシステム」を早速使ってみた。

自宅と会社にある2台のPCに専用ソフトをインストールし、自宅PCからログインするだけで準備が完了する。 ところが、Wake on LAN を利用するためには特殊なソフトウェアまたは「Wake on LAN アプライアンス」のような装置の導入が必要であり、一般的な企業や自治体ではそのための仕組みを新たに構築・導入することが困難な場合も多くあります。 一旦、終了して起動する際はデスクトップ上にショートカットアイコンが作成されています。

もっと