高知 地方 気象台。 南海地震との関連否定「メカニズム違う」 県西部震度4 気象庁など|高知新聞

高知(コウチ)のアメダス実況

調査官、防災気象官、土砂災害気象官、水害対策気象官、地震津波防災官、防災業務係、防災指導係、防災情報係• (平成15年)4月1日 - 予報課及び観測課を廃止、観測予報課を設置。 (昭和12年) - 国営に移管(文部省所管)し、高知測候所となる。 県などによると、被害情報は確認されていない。 高知中央 - 、、、、、、及び• 組織 [ソースを編集 ]• (13年) - 大気汚染気象センターを廃止。 南国日章 震度 [編集 ] 多機能型地震計• 本川、本山、大栃、後免、安芸、梼原、須崎、窪川、江川崎、佐賀、中村 雨量観測所(降水量)• (25年) - 香川県立多度津測候所として大字新町字大栴檀251番地に開設。 徳島地方気象台台長• 3時間 0. (昭和52年) - 現在地に移転(高知市本町四丁目3番41号 高知地方合同庁舎)。

もっと

高知地方気象台

(平成14年)4月1日 - 通信課を廃止、防災業務課を設置。 高松検潮所• (昭和10年) - 中央気象台高知測候所新設。 南予北部 - 、、、及び• 季節予報 観測業務• (平成20年) - により高松市伏石町2016番地29に所在地名変更。 より西へ徒歩約5分 地方予報区管内気象台 [ ]• 関連項目 [ ]• (昭和20年) - 運輸通信省が廃止となり運輸省と逓信省が発足。 防災業務課• - 及び 観測所 [ソースを編集 ]• (14年) - 国営移管、中央気象台多度津測候所となる• 美馬北部・阿北 - ・(・・)・・(・)、板野郡・• 特別警報、警報、注意報、気象情報など• 徳島・鳴門 - ・・・(・・・)• 地震は10日午前0時22分ごろに発生。

もっと

高松地方気象台

(昭和50年) - 大気汚染気象センターを設置。 気象資料照会等• (13年) - 大気汚染気象センターを廃止。 日最低気温の高い方から 28. 火災気象通報 天気予報業務• 室戸市吉良川、高知市春野町芳原、香美市物部町神池、土佐清水市有永、四万十町窪川中津川 計測震度計• 沿革 [ソースを編集 ]• 平年より10日早く、昨年より16日早い観測です。 関係機関との連携• 沿革 [ソースを編集 ]• 天気予報区分 [ソースを編集 ] 高知県中部• 嶺北 - 、、及び• - 及び• 観測露場は残置し無人観測を継続。 総務課• 日最高気温の低い方から 氷点下0. (昭和32年) - 高知測候所は高知地方気象台となる。 (明治23年) - 愛媛県温泉郡持田村小字岸の下488番地に愛媛県立松山一等測候所として創設。

もっと

高松地方気象台

防災情報や気象知識の普及・啓発 所在地 [ ] 高知県高知市本町四丁目3番41号 沿革 [ ]• 0m アメダスの記録 10日23:00現在 降水量• (明治15年) - 高知県土佐郡稲荷新地(現高知市若松町)に高知県高知測候所として創立。 (平成18年) - 庁舎が(文化庁)に登録される。 季節予報 観測業務• 土砂災害警戒情報• 0mm 日照時間• (平成9年)3月1日 - 剣山観測所は剣山特別地域観測所となる。

もっと

高知(コウチ)のアメダス実況

(昭和44年) - 高松市伏石町字鹿膽地1277番地1に所在地名変更。 (明治32年) - 郡の廃合により仲多度郡多度津町大字新町字大栴檀251番地に所在地名変更(1981年9月27日、住居表示実施により仲多度郡多度津町家中6番4号に所在地名変更)。

もっと

南海地震との関連否定「メカニズム違う」 県西部震度4 気象庁など|高知新聞

(昭和38年) - 徳島市大和町二丁目3番36号(現庁舎)に移転。 高吾北 - 高岡郡、及び 高知県東部• 高松検潮所• 安芸 - 、安芸郡、、、、及び 高知県西部• 東予西部 - 及び• 天気予報区分 [編集 ] 高知県中部• (平成29年)11月9日 - 現在地(南館8階)に移転。 1941年(昭和16年) - 気象観測業務を開始。 概要 [ ] 高知県内の気象業務を総括しており、の管轄下で、高知県域の陸上及び沿岸海域における以下の業務を行っている。 防災業務課• 60分値 0分 所在地 住所 高知県高知市比島町 高知地方気象台 標高:1. 防災業務課• (昭和13年) - 高知市南比島町24番地(現高知市比島町一丁目7番3号)に移転。

もっと