遊戯王 リミット レギュレーション wiki。 DOカードデータWiki

リミットレギュレーション

この効果は相手ターンでも発動できる。 新リミットレギュレーション適用以降は使えなくなるため、 採用していた人はデッキの構築を見直す必要があるでしょう。 エクストラデッキが圧迫されること、キーカードである 「ヌメロン・ダイレクト」を使うには自分フィールドにモンスターが存在しないという条件があること、フィールド魔法へのアクセスカードを投入し過ぎると対応力が落ちることの 3つが懸念点として挙げられますが、実際環境デッキと対戦を行うことで見えてくる改善点もあるかと思われます。 このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。 ひとりごと 『キャノン・ソルジャー』などの射出系カードはこのまま禁止にするのかが気になります。 新禁止制限カードになったものを見ていきましょう。 現在、遊戯王対戦ソフトウェアとしてはADSが主流になりましたが、昔から多くのプレイヤーに親しまれてきたDOにはDOの良さがあります。

もっと

リミットレギュレーション

バトルロワイヤルは基本的に3人以上で行うため必然的に長期戦が前提になりがちなため、出来るだけ短期戦にする意味でも、バトロワの際にはライフを8000ではなく4000から始める方針に変更されている。 今回の遊戯王 TCGの規制改定が日本版の規制改定に影響を及ぼすかどうかは分かりませんが、 遊戯王 TCGのリミットレギュレーションを踏まえた上で日本版の規制改定の内容を見るというのも違う見方が出来るのでお勧めです。

もっと

2015年10月1日適用のリミットレギュレーション

0 ホープ・ゼアル」の 禁止カード化、 「希望の記憶」の 準制限カード化によって弱体化しました。 自分フィールドのモンスターが 「黄金卿エルドリッチ」しかいないという状況も多く、それを利用して 「魔鍾洞」や 「センサー万別」を利用して相手に更にロックをかけていくという戦術も強力です。 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 特に《始祖竜ワイアーム》はその耐性からバトルロワイヤルでは非常に凶悪な存在であり、このカードを対処出来ないデッキでは、プレイヤー自体を直接倒すしかないプレイングが強要されてしまっていた。 「PREMIUM PACK 17」「ジャンプフェスタ2015 プロモーションパック」カードデータが完成しました。

もっと

2015年10月1日適用のリミットレギュレーション

規制が囁かれていた【召喚獣】からは《暴走魔法陣》が規制され、アクセス札が1枚減る形となっております。 これらのカードの規制によって《マジック・プランター》が腐りやすくなったと言え、《シャッフル・リボーン》や《ピンポイント・ガード》と言った他の蘇生カードに注目が集まるかも知れない。

もっと

【リミットレギュレーション2021.1】内容をぶらり感想「V.F.D.」は規制してほしかった

上記の物と比べても規制が緩く弱体化らしい弱体化にはなっていませんが、私個人の見解としては今回の 「天底の使徒」準制限カード化は大会環境で色んなデッキに出張している「ドラグマ」への警告の意味が強いのではないかと思います。

もっと

【遊戯王】2021年1月からのリミットレギュレーションが判明!!【禁止制限】

「NEXT CHALLENGERS」「RAGING MASTERS」「決闘王の記憶 - 闘いの儀編」「Vジャンプ 8月特大号」判明分カードデータを追加しました。 この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、S素材にできない。 またループコンボが出てきたら悪用されるのでエラッタされない限り、禁止に居座る感じありますよね。 遊戯王 TCGでは悪い意味で有名になった「リチュア」ワンキルデッキを抑制するために制限カードにまで規制されていましたが、今回の規制改定で制限解除となりました。 手札誘発効果や除外された場合に発動する効果を利用してモンスターを展開することに長けています。

もっと

リミットレギュレーション

文章:マフユノダリア. 1 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分はアンデット族モンスターでしか攻撃宣言できない。 「THE SECRET OF EVOLUTION」カードデータが完成しました。 元々は準制限でも厚みがあれば許されていたが、さーもそが所持していた運命の決闘者編の箱が偶然にも処分されてしまったため、その箱が無くても3回使えるように規制を解除したのではないかと言う噂が流れているが、実際の所は不明である。 他には、バトロワの時のみ1番目のプレイヤーであっても先行ドローが可能等の他の特別なルールに変更は見られなかった。

もっと

2015年10月1日適用のリミットレギュレーション

第8期以前のカードデータは、のファイルからエラッタのあったカードデータを修正しています。 またその効果からか一部からはエクシーズ・トレジャーとも呼ばれており、筆者はダブル・シャイニングドローごっこが出来なくなって残念と嘆いている。 39 希望皇ホープレイV》等の元から強力な破壊及びバーン効果を有していたカードが更に凶悪なカードに変貌することになった他、《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》や《レジェンド・オブ・ハート》等の固定ライフを支払わなければならない一部のカードの使用が難しくなった。 その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。

もっと