フェイク ニュース コロナ。 新型コロナで見えた「インフォデミック」の深刻さ 偽情報の氾濫で喜ぶのは誰か:朝日新聞GLOBE+

新型コロナウイルス関連フェイクニュースの拡散から見えてきたこと(エルテス)

だが、そうした「未確認情報」が「実は生物兵器だ」という断定形に変化して拡散するというパターンは少なくない。 きっと大丈夫です。

もっと

新型コロナで見えた「インフォデミック」の深刻さ 偽情報の氾濫で喜ぶのは誰か:朝日新聞GLOBE+

話題になると、瞬時に拡散される• 過去にはフェイクニュースにより、事件の犯人に仕立て上げられたり、反対に犯人だとしてSNS上で個人情報を拡散されるなどの被害が発生している• 「正しい情報だと思った/情報を信じた」「正しい情報か分からなかった」と回答した1101人のうち、1つでも他の人と共有・拡散したと答えた割合は35. 情報拡散はメリットである反面、誤って拡散した不確かな情報が誤った判断や行動を促してしまうこともあるため、今回の取り組みを行ったとしている。 ・十分な在庫があるので、一時的に棚から消えても入荷する可能性が高い 日本家庭紙工業会によれば、「国内のメーカーは通常どおりの生産を行っており、供給量は十分にある。 このようになくても、ギリいける気がするのでアイデアを出し合って乗り切りましょう。 また、症状のある一部の人々が病気を「治す」ことを期待し、科学的根拠のない治療法を試す中で、この現象が生命を危険にさらしているという不安も高まっています。 新型肺炎で中国人が押し寄せる危険性」という記事が拡散。 膨大な SNS利用者のうち、どれくらいの人が SNSを使って新型コロナ関連の情報を収集し、発信しているのだろうか。

もっと

新型コロナのデマやフェイクニュース、若年層ほど情報を信じた傾向

訴えられてから「自分もだまされていた被害者だ」「よかれと思って拡散した、悪意はなかった」と弁解しても、後の祭りです。 インターネットで情報を収集・発信している人であっても、非常に多くの人が「 SNS上に出回っている様々な情報は怪しい」と判断している。 誤った情報が広まったことで被害が発生してしまうと、たとえ「自分も騙されていた」「良かれと思ってやった」ことであっても被害を無かったことにすることはできません。 かりに日本政府が死者数を隠していると考えるなら、まずそれを調査・報道すべき。 そんな情報をリツイートしてしまうのも、承認欲求が大きいのではないでしょうか。

もっと

日本と世界の新型コロナウイルス「ひどいフェイクニュース」を総解説!

フェイクニュースが拡散されやすい時期でもある。 記事は、トランプ大統領夫妻が新型コロナに感染したことをツイッターで明らかにしたところ、「ウイルスが早くトランプ氏から回復しますように。 繰り返しますが、 「公的機関による一次情報かどうか確かめる」「確実に『正しい』と裏が取れた情報しか広めない」ことが大切です。 二次ソースはこの場合、メディアや報道です。 デマ・フェイクニュースを広めない デマ・フェイクニュースと聞くと、つい「被害者(=だまされた人)」になることを心配しがちですが、みなさんが「加害者」になる危険性もあることを知っておきましょう。 ですので、その情報の 「出典は何か」「エビデンスはあるのか」を、常に考えておきましょう。 「未知の情報に出会ったら、それをいきなり信じたり、リツイートなどで拡散したりするのではなく、まずは立ち止まって考える『一時停止』の習慣をつけることが大切だと思います。

もっと

トランプ米大統領は新型コロナに関するフェイクニュース最大の...

マスメディアやSNSプラットフォーマーによるデマ対策 デマ・フェイクニュースのまん延を止めようと、マスメディア各社やSNSプラットフォーマーも対策に乗り出しています。 「現状を見ても、メディアが政府による認識と支援に値する必要不可欠なサービスであるという主張には、強い根拠があります」 信ずべき事実に対する需要を満たすため、UNESCOはWHOのような機関と連携し、各種のメディアやチャンネルを通じ、公衆衛生に関する信頼できる情報をできる限り多く発信しています。

もっと