テルミサルタン。 医療用医薬品 : テルミサルタン (テルミサルタン錠20mg「ケミファ」 他)

医療用医薬品 : テルミサルタン (テルミサルタン錠20mg「ケミファ」 他)

以下の場合は使用を控えましょう• なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる• 併用により副作用が増強し、かえって悪い結果をまねくおそれがあるためです。 テルミサルタンはEP 0502314Bから知られ、かつ下記の式(I)の化学構造を有する 【化1】。 (30歳代病院勤務医、循環器内科)• 吐き気、腹痛、味覚異常• 手術前24時間• 中国特許第CN 1344172号は、2工程のテルミサルタンの製造を開示する:すなわち、縮合、及び加水分解である。 その場合は一種類にするしかないと思いますが、今よりも血圧のコントロールがうまく取れなくなる可能性もあります。

もっと

テルミサルタン (Telmisartan) の効果・副作用・体験談

急性腎不全..尿が少ない・出ない、むくみ。 手、顔、唇、目、喉、舌の腫れ、嚥下障害、呼吸困難、嗄声(声のかすれ)が発生した場合は、すぐに医者に連絡してください。 テルミサルタン について テルミサルタン は、高血圧の治療に単独または他の医薬品といっしょに使用されます また、特定の患者の心臓の問題による心臓発作、脳卒中、死亡のリスクを減らすために使用されます。

もっと

医療用医薬品 : テルミサルタン (テルミサルタン錠20mg「ケミファ」 他)

プロスタグランジン合成阻害作用により、腎血流量が低下するためと考えられる。 • 【請求項14】 前記水非混和性溶媒が、ジクロロメタン、酢酸エチル、及びクロロホルムからなる群から選択される、請求項13記載の方法。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。 妊娠してしまった可能性がある場合は、すぐに医師に相談してください。 急に立ち上がらないで、ゆっくり動作するようにしましょう。 重篤な腎障害• まれに肝臓が悪くなることもあります。

もっと

テルミサルタン錠40mg「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

適さないケース..重い肝臓病、胆汁の分泌がきわめて悪い人、糖尿病の人でアリスキレン(ラジレス)を服用している場合、妊娠している人。 2. 処置 過量投与時、テルミサルタンは血液透析によって除去されない。 13). その他:(0. 妊娠している• (取扱い上の注意) 分包後は吸湿して軟化、黄変することがあるので、高温・多湿を避けて保存すること。 (効能又は効果に関連する注意) 5. できたら簡易血圧計で自宅で血圧測定をおこない、適切に血圧がコントロールされているかチェックすることをおすすめします。 機序不明 カリウム保持性利尿剤 スピロノラクトン トリアムテレン等 カリウム補給剤 血清カリウム濃度が上昇するおそれがあるので注意すること。

もっと

テルミサルタン錠40mg「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

1. 本剤の成分及びジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の既往歴のある患者。

もっと

テルミサルタン (Telmisartan) の効果・副作用・体験談

その中でも、肝臓で代謝を行う酵素としてCYP(シップ)と呼ばれる酵素が重要になります。 注意 【診察で】• 服用している薬にアリスキレンが含まれているかどうかわからない場合は、医師または薬剤師に確認してください• 副作用(例: 腎臓の問題、高血圧カリウムレベル、低血圧)のリスクが増大する可能性がある医薬品: ACE阻害剤(例: リシノプリル、ラミプリル)、アリスキレン• 併用によりカリウム貯留作用が増強するおそれがある。 軽い高血圧であれば、薬をやめられることもあります。 1. 次のテルミサルタンとアムロジピンベシル酸塩の用法・用量を踏まえ、患者毎に本剤の適応を考慮すること。 • 1.1. 両側性腎動脈狭窄のある患者又は片腎で腎動脈狭窄のある患者:治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けること(腎血流量の減少や糸球体ろ過圧の低下により急速に腎機能悪化させるおそれがある)。 • 手術前24時間は投与しないことが望ましい。 2). カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン、トリアムテレン等)、カリウム補給剤[血清カリウム濃度が上昇するおそれがある(カリウム貯留作用が増強するおそれがある<危険因子>特に腎機能障害のある患者)]。

もっと