佐々木 融。 「佐々木融」のニュース一覧: 日本経済新聞

「佐々木融」のニュース一覧: 日本経済新聞

やはりコロナ・ショックがきっかけとなったようだが、いくつか理由が挙げられている。

もっと

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融氏に聞く 「どうして弱い日本の円がどんどん強くなるのか」 東証ETF

ドル安が長期間続く要因として、3つある。 10年国債金利の最大値と最小値の差もこれまで概ね300bp程度がボトムとなりそれ以上縮小しなかったが、足元は130bp程度まで縮小してしまっている。

もっと

佐々木融

さらに、米国は経常赤字国なので、通貨は売られやすいという基本的な構造がある。

もっと

「佐々木融」のニュース一覧: 日本経済新聞

また、インフレ率の影響を取り除いた実質実効レートでみると、現在の米ドルの水準は2011年7月につけたボトムと比べて24%も割高である。 日米実質金利差 まず、ファクトを整理すると、米国をはじめとする先進各国で名目金利が短期から10年あたりまでゼロ近傍にある。 nui-icon--icon-paperviewer-web-main,. その後、6人連続で毎年首相が交代していた時には円が上昇し、円高水準で推移し続けた。 実際2005~2007年はそういう状況になり、我々は「円安バブル」と命名したほど極端な円安が進行しました。 また、円高阻止を狙った為替介入は経済政策ではなく、日米関係という政治が大きく影響する。 GgxkopF, Opwejuvm, eIvfrJn, OcdBWYdQk,vcbfqzbj,. これはいったいどういうことか? 佐々木さんの話を聞いていこう。

もっと

リスクオンでもドル安円高、いつまで続くのか JPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏に聞く(東洋経済オンライン)

しかし、インフレ率に関しては低位のままとどまる見込みであり、G10諸国と比較して相対的に円の実質金利が魅力的になっている。 そして、財政赤字の膨張を日銀がファイナンスすることに、もはや世論は抵抗しないだろう。 アメリカが金利をゼロにしているので、ドルは弱くなっていく。 今後数年間は実質金利差がマイナス方向に拡大することが予想され、円高方向への圧力が強まると考える方が自然だろう。 リーマンショック(2008年9月)後も同様の動きで、金融緩和が行われ株価が回復していく中でドル円は2011年の1ドル=76円まで下落していった。 。 2番目に弱い通貨が円となっているため、ドル/円相場の下落幅はさほど大きくないが、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、豪ドルに対してドルは10%以上下落している。

もっと

リスクオンでもドル安円高、いつまで続くのか JPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏に聞く

依然として高水準の経常黒字、これまでの旺盛な対外投資によって維持されてきた割安な水準、実質金利の上昇などの観点からすると、2021年に円が上昇する可能性は比較的高いと考えられる。 その観点から言うと、2012年のどこかでユーロ債務危機が解決すれば、日本の景気も徐々に回復へと向かい、海外への投資が積極的に行われるようになるでしょう。

もっと