トヨタ 減産。 自動車業界、コロナ禍で続く「派遣切り」の実態 減産長期化で雇用の維持ができない下請けも

トヨタ、7月の減産規模は計画比1割減まで回復 6月は世界で2割減

鉄やプラスチックなどの関連素材を含めると就業者数は約140万人に上る。

もっと

トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史|第3部 第5章 第1節|第3項 赤字決算

この減少の中で、トヨタは利益を確保している。 影響は4月にがつんと来た」と振り返る。 フランスでも17日から外出禁止令を発令。 手当も減るため、6割では20万円に満たない。 1%増の60兆6999億円で全製造業の製造品出荷額等に占める自動車製造業の割合は19%を占めた。 「今は耐え忍んで非正規従業員の雇用も維持しておかないと、仕事量が戻ってきた時に再び人手不足で困るのが目に見えている」 自動車メーカー幹部。 今回のコロナショックが製造業の雇用へ与えるインパクトは大きい。

もっと

トヨタが国内の全工場で生産調整、7万9000台減産へ[新聞ウォッチ]

きょうの読売や日経などが取り上げているが、それによると、大型連休の休業期間を、当初予定していた「5月2~10日(9日間)」から「5月1~11日(11日間)」に変更し、生産台数を抑える。 6月22日、トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの影響による新車需要低迷を受けた国内での生産調整を、7月も一部の完成車工場で続けると発表した。

もっと

ヒト余りトヨタ、2ヶ月で24日間も休みに 「出勤義務はあるが有休とれ」と談合:MyNewsJapan

。 生産がストップする対象車種は、主に北米で人気の高いスポーツ用多目的車(SUV)や、高級車ブランド「レクサス」のセダンなどで、約3万6000台の減産になるとみられる。 生産ラインごとに稼働停止日を設けて減産する。

もっと