水野 智 路。 陶芸作家 水野教雄、親子三代を繋ぐ「練りこみ技法」

水野智路の作品購入はどこでできる?値段や通販についても!|コレットジャーナル

現在、愛知県瀬戸市にある「水野陶房」で、親子で練り込み技法を使った作品をつくっています。 出来上がりは土の質感が感じられる素朴な風合い。 平成29年(2017年)、ジェイアール名古屋タカシマヤ「水野智路展」開催。 練り込み技法で「保持者」に認定されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 販売員一同、皆様のご来店をお待ち申し上げております 掲載商品は一例となりますので、品切れの場合もございます。

もっと

名古屋高島屋で食器購入★練り込み技法がすごい!

一番最近では、8月12日〜18日にジェイアール名古屋タカシマヤで〜水野智路展〜が開催されていました。 インスタグラムでのフォロワーが16万人超。 現代日独陶芸作品交換のため、ドイツ・陶磁器博物館に、作品を保存される。 言ってみれば、粘土でテキスタイルを作っちゃうようなイメージ。 伝統的な練り込み文様の応用だけでなく、練り込みの新しい表現方法を求めて、写実的な文様にも挑戦しています。 今後も様々なデザインを作り出してほしいですね。 あいちトリエンナーレ事業「水野智路展」開催。

もっと

水野智路の年齢や結婚はしてる?父親や姉も陶芸家で通販はある?|情報屋ピッピ通信

「暮らしの手技」ギャラリー 『水野 智路 練り込みの風景2』 水野智路(みずのともろ)さんという瀬戸市の作家さんの作品が出店しているのです~ 2015年3月25日(水)~ 3月31日(火)までの期間限定とのこと。

もっと

水野教雄(みずののりお)陶芸工房の場所はどこ?陶芸練り込み作家・息子の作品画像やプロフィール経歴を調査!世界!ニッポン行きたい人応援団

水野智路さんの「練り込み」とは? 水野智路さんが行なっている「練り込み技法」は水野さんのおじいさまの代から始まり、親子3代に渡って継承されているそうです。 起床後にI nstagram を開いでびっくりしたという水野さん。 全国陶芸展、東陶賞受賞。 加減が上手く出来ないと、絵柄が捻じれちゃう。 なのでお父様が陶芸家として活躍されているということもあり水野智路さんも陶芸家の道に進んだようです。

もっと

まるで金太郎飴のような器★水野智路作品展

初代の水野双鶴さんが日本で復興し、それを水野教雄さんが引き継ぐ形で新たな試みも加えていき、水野教雄さんは、瀬戸市指定無形文化財保持者となっているんですね~ 今では、息子さんの水野智路さんにその伝統は引き継がれています。 最初はインスタグラムに、作った陶芸作品の写真を載せていたのですが、プリント柄と思われたのかスルーされていたそうですが、ある日製作過程の「動画」を貼ったら、急に海外の方からメッセージが届くようになったそうです。 平成21年(2009年)、第3回「陶のあかり路」 優秀賞受賞。

もっと

水野智路の作品購入はどこでできる?値段や通販についても!|コレットジャーナル

ご了承ください。 GW中に瀬戸市内の「瀬戸蔵」で実演のイベントがあったので、おじゃましてきました〜! 瀬戸で活動されているけれども、なかなか町中でお見かけしない方なので、生・智路さんだ! とミーハー的に喜んでしまった(笑) 智路さんといえば、Instagram。 当時実家が物凄く忙しく、兄と父の手伝いをしていました。 練り込みとは、すごく簡単にいうと、金太郎飴のようなやきものだそうで、色の異なる粘土を重ねてつくり模様をつくる。 伝統的な陶芸技法を研究するとともに、創作芸術の追究に努めました。 Nerikomi Potter — 水野智路 練り込み陶芸。

もっと

陶芸作家 水野智路さん

イケメンなので女性がほっときませんよね。 SNS上で作品の写真や動画を公開したことによって、国内だけではなく、海外のファンも一気に増えたそうです。

もっと

水野智路 茶碗

そして、祖父の水野双鶴さんの親子3代で陶芸家ということでした。 m がシェアした投稿 - 2015年 4月月15日午後6時54分PDT 作陶する水野教雄・智路さん親子 引用:水野智路より 水野智路 Mizuno 水野智路(みずの ともろ)は、祖父・水野双鶴、父・水野教雄と受け継がれて来た伝統的陶芸技法「練り込み」を継承する三代目の若手陶芸家です。 均等に力を入れて、絵柄をたもったまま小さくしなきゃいけない。 出典: スポンサーリンク 水野智路の父親・姉・妹について調査!親子3代の陶芸家! 続いて、水野智路さんのご家族の情報として、父親・姉・妹について、調査しました。 平成26年(2014年)、ジェイアール名古屋タカシマヤ「暮らしの手技」ギャラリー「水野智路 練り込みの風景」開催。 「気持ちに余裕があるから料理を作れる」のではなく、 「料理を作るから気持ちに余裕ができるんだ!」 この発見をしてからは、料理を単なる家事タスクの1つとして扱うのではなく、むしろストレス解消法として日常に取り入れたいという思いがぐんぐん強くなり、料理研究家としてnabeko. 「自分にとっては日常の風景だった、練り込みで作った模様をしっぴき( 粘土を切る道具) で切り、一枚はがして模様が見える様子を撮り、それを投稿したのがきっかけです。

もっと

Nerikomi Potter 水野智路

作陶活動に入る。 小さい頃から見ていたので当たり前の光景だと思っていましたが、当たり前ではないことないんだと、国内外の反応を見てあらためて気がつきました。 金太郎飴のように作った棒状の粘土を、「しっぴき」(糸を張った粘土を切るための道具)で切ると、切断面にそれぞれ微妙に違った図が現れ、それを無数に組み合わせて柄を作りますが、この同じような図の「微妙なゆがみ」がハートを刺激します! 智路さんは、ブログ、インスタグラム、、、ユーチューブと、インターネットを駆使して、「練り込み」を世界に発信しています。 小さい頃から見ていたので当たり前の光景だと思っていましたが、当たり前ではないことないんだと、国内外の反応を見てあらためて気がつきました。

もっと