蛇王 ザッハーク。 蛇王ザッハーク―蛇の寄生した悪王の祖

アルスラーン戦記16 天涯無限(完結)

その後、侵攻してきたミスル軍の陣頭に立つフィトナと再会し、パルス侵攻に乗じる形で小勢を率いて攻め込むもギーヴと遭遇し、「今エクバターナに行かないと後悔する事になるぞ」と言われ、手勢を見捨てエクバターナに向かう。 野心家ではあるが奴隷達には公正な処遇を施してその忠誠を得るだけの政治的センスは持っていた人物だった為、ホディールの死を告げカシャーンの奴隷を解放しようとしたアルスラーンは、逆に主人を殺した恨みを買い、殺されかけた。 ダリューンと共に大将軍格とされ、東方のペシャワール城に常駐する。 しかし、この話が真実だとすると、アルスラーンは正統な王家の血筋ではないことになります。 顔を出さないイリーナを銀仮面みたいだとはクバードも感じ取っていました。 しかも集めるまで帰ってこなくていいと言うのは、事実上の追放でした。

もっと

田中芳樹のアルスラーン戦記は結末がひどい!?ネタバレあり!

童顔を嫌ってか顎鬚を生やしている。 オクサス地方の変事にアルフリードと共に調査に向かい、蛇王復活の兆候を目の当たりにする。

もっと

【アルスラーン戦記】ヒルメスの最後をネタバレ!出生の秘密や妻・強さなどを紹介

また一行が向かったカシャーン城塞で彼は、奴隷制度に疑問を持つことになります。 利己的で軽薄な性格で、アルスラーンの仲間のほとんどは彼を信用していませんが、彼はこれからの物語でも重要な人物となります。

もっと

アジ・ダハーカ (あじだはーか)とは【ピクシブ百科事典】

ヒルメス陣営も、でくの坊だったザンデが影響されて、自分も変わらなくてはと決心してましたし。 王都奪還から活躍してきたダリューンやナルサスを始め、アルスラーンの臣下の中でも特に重要な臣下のことを「十六翼将」と呼ぶのですが、この16人の将軍が揃ったのは、実は本巻だけ。 二次資料 [ ]• アンドラゴラス王の姿を利用してパルス国内の反アルスラーン勢力をまとめ上げ、エクバターナへ進軍、アルスラーン軍の諸将だけでなく、王太后タハミーネと言った非戦闘員も含め殺戮の限りを尽くす。 棒術の達人で領主の甥であるナーマルドとは因縁がある様子。 14歳になった彼は、パルスへと侵攻を開始した「ルシタニア国」を迎え撃つための戦で初陣を飾ることになりました。

もっと

『アルスラーン戦記から見たペルシア入門』

ザラーヴァントの従兄弟。 アルスラーンのペシャワール入城後には彼と行動を共にする。 ミスル [ ] 主な王族 [ ] ホサイン三世 ミスルの国王。 その名は現在にあっても全てのパルス人の恐怖の象徴であり、どれほどの剛勇や英知を誇る者も例外ではない。 一部からアルスラーンとエステルの関係に注目していた方は多いかもしれません。 ギーヴは単騎で、ミスル軍へ向かっていた。

もっと

【アルスラーン戦記】ヒルメスの最後をネタバレ!出生の秘密や妻・強さなどを紹介

詳細は「」を参照 ザッハークの原型は、生まれの人物とも言われている。 大きな戦へと至らずにすんだが、しかしここに来て、また新たな紛争の火種が生まれていた。 アルスラーンとの再会は叶いましたが、負った怪我が重く、そのまま死んでしまったのです。 プラダーラタ 声 - シンドゥラのガーデーヴィ派の将軍。 第2部ではパルス国の侍衛長(ケシュタク)。 ・ヘダーヤト, サーデク著、岡田恵美子・奥西峻介訳註、平凡社〈東洋文庫 647〉、1999年1月。 魔軍によるヘラート襲撃時において、地下牢にて魔将軍イルテリシュとのの末に戦死する。

もっと

小説『アルスラーン戦記』の魅力を全巻ネタバレ紹介!

国王殺害未遂犯を取り逃すという重大な過失にもかかわらず、ラジェンドラ二世は彼に罰金を課したのみで、王者の寛大さ(と同時に、未遂犯に殺された兵の遺族に見舞金を支払っており、その損失補填を行う抜け目なさ)を示した。 国王の寵姫となった「孔雀姫」フィトナの協力を得て、首尾よく南方軍都督(キャランタル)に就任するが、任地に赴く直前に自身の偽物である「黄金仮面」シャガードの叛意による国王弑逆事件が起こる。

もっと