中国 責任。 【新型コロナ】評論家は「中国のウイルス隠蔽」を断罪!賠償金1京円の声も

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ (2ページ目)

インドとかではそういう話聞かないし、カレー文化でスパイス入れて何でも煮込むのが防いでいるのか…。 また共産党機関紙・人民日報系「環球時報」の胡錫進編集長は28日に中国版ツイッター「微博」上でオーストラリアを取り上げ、「中国の靴の裏にくっついたチューインガムのようだ。 マーシャ・ブラックバーン議員は民間企業に対しても賠償請求を要求することを要請している。

もっと

新型コロナウイルス/孤立する中国の賠償責任問題

WHOが23日に実施した新型コロナに関する記者会見にて、WHOの緊急事態対応責任者であるマイケル・ライアン氏は「新型コロナウイルスは早い段階で、世界のさまざまな地点、時間においてまとまった数の人が感染していた可能性がある」との見解を示した。 【ワシントン=黒瀬悦成、ニューヨーク=上塚真由】国連の場で各国首脳らが内外情勢に関する自国の立場を表明する、国連総会の一般討論演説が22日、始まった。 一方で「感染拡大当時、中国の全国各地で武漢人、湖北人を罵倒していたではないか」とし、海外からだけではなく国内でも武漢市や湖北省に対する蔑視や差別が行われていたことを忘れてはいけないと戒めるユーザーも見られた。 英保守系シンクタンクのヘンリー・ジャクソン協会は、中国当局の情報統制により、多くの湖北省民が感染に気づかぬまま連休前に海外へ出たことが世界的な感染拡大を招いたと指摘。 感染者は2万4747人となった。 ドイツは国境線を封鎖した。 「新規感染者ゼロ」は中国政府が防疫の成功を国内外に誇示し、全人代を盛り上げるための目玉の発表なのだ。

もっと

中国に賠償請求続々 米、インドなど「初動誤り拡大招いた」|【西日本新聞ニュース】

この種の動きでとくに注視されたのは4月17日のトランプ大統領の言明だった。 4月21日にはスコット・モリソン首相が「コロナウイルス感染に関する中国政府の責任の解明と追及」を進める方針を発表した。 そもそもパンデミック(世界的大流行)に拡大したのは、中国の初動ミスが決定打となったとみられる。

もっと

コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

・中国から、日本はどう見えるか。 そしてバイデン派も黙っていないだろうからアメリカ国内も武力衝突の内戦になる。 郭文貴氏は次のようにまとめた。 中国の国家安全当局が香港に出先の機関を設けることもできるようになる。 また「中国は廃棄物の海洋投棄や他国の領海で魚の乱獲を行っている」と述べ、環境問題でも中国批判を展開した。 今まで一度も非を認めて謝ったことがない。

もっと

中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた

中国政府が香港政府に代わって主導権を握り、強権を発動するわけだ。 沙鴎一歩も香港の民主化運動にエールを送る。 しかもアメリカと西側同盟諸国も一枚岩ではない。 他のG7各国に対しても最低3. 特に、服飾工場のあるイタリアと、春節旅行で遠征した日本。 主な内容は次の通りです。 朝鮮半島はもう緩衝地帯の役割を果たさなくなってるから、本土で戦うような事は絶対やっちゃだめ。 トルコでも大学生が中国大使館に賠償請求の書簡を送ったという。

もっと

「どうやって中国にコロナの責任取らせるのか」と問われたトランプ大統領の答えは―米メディア|レコードチャイナ

ライアン氏はまた、コウモリが感染源との見方が一部で出ていることについて、現時点で人間、動物のどちらがウイルスを広げたか分からないとし、「たまたま、武漢の海鮮市場で発見されたにすぎない」と述べた。 全体会議では中国各地から集まった約3000人の代表全員がPCR検査を済ませてからマスクを着用して出席。 時には、それを取り除くための石を探さねばならない」と侮辱した。 全部、中国人が無能なので世界中にばら撒いたやん。 中国メディアの網易は8日、日本人がマスクを好んで着用する理由について分析する記事を掲載した。 ところが中国は医師を口止めし、事実の隠蔽を行った。 「今は、米国人が目覚めるかどうかの歴史上最も重要な瞬間であり、現在武漢の疫病はまさに戦争である。

もっと