嘱託 殺人 医師。 京都 ALS患者嘱託殺人事件について(2020年11月放送)

嘱託殺人罪で2医師を起訴 ALS患者死亡、京都地検:朝日新聞デジタル

痩せ衰え痛みで顔をゆがめた両親の見舞いに行くのが怖くて苦痛でした。 そして、SNSを通じて知り合ったのが大久保愉一です。 ブログには「日本でもできる『安楽死』『尊厳死』について、医者として質問に答えます」とも記していました。 安楽死の問題は、国民全員で真剣に考えていかねばならない課題ですね。

もっと

ALS嘱託殺人 医師2人再逮捕 安楽死望む別の患者の書類偽造疑い

それほど疼痛緩和医療は進んでいる。 昨年11月に大久保容疑者から山本容疑者の口座を伝えられ、同月下旬に計130万円を振り込んだとされる。 医療や介護の社会資源も不足し、多くの現場が疲弊しているため、場合によっては、医療者や介護者からも否定的メッセージを受け取ることもあります。

もっと

嘱託殺人罪で2医師を起訴 ALS患者死亡、京都地検:朝日新聞デジタル

大久保容疑者のものとみられるツイッターでは、認知症の高齢者などを排除すべきという言動が繰り返されています。 でも社会の支援を受けて、こうして生きている。 難病患者や障害者たちへの差別や偏見の解消、そして介護・医療の受け手と担い手、双方ともに安心して生きられるだけの医療や介護の充実、それらがまず目指されるべきものです。 名島亨卓裁判長は判決理由で「子どもたちが積極的に死を望んでいたとは到底認められない。

もっと

難病患者の救いが「安楽死」のみだった医療界の課題 ALS嘱託殺人を「特異な事件」で済ませてはならない理由(1/4)

今日の普通の生活では、自分の身辺の人が何らかの理由で「死にたい!」という意思表示を行なった場合、周囲の人たちはその思いを受け止めつつも死ではなく生の方向へと支えようとするのが当たり前のことです。 . 積極的安楽死が許される四つの条件 では、積極的安楽死は絶対に許されないのであろうか。

もっと