コロナ ウィルス 中国 の 責任。 コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

米、コロナで中国の責任追及へ! 地図上から消えた?武漢市の「重要施設」とは… 「疑惑の研究所」に迫る! (1/3ページ)

二代目ブッシュ政権では大統領補佐官やディック・チェイニー副大統領の首席補佐官として活動した。 能力の問題でできなかったのか、あえてしなかったのどちらかで、世界が非常に苦しんでいる」と語り、感染拡大が広がったのは中国の責任だと主張。 アメリカ国内の中国資産の差し押さえなどの具体案などにも触れている。 中国の隠蔽(いんぺい)体質で米国に必要な情報が得られなかったと怒りを爆発させ、中国に忖度(そんたく)して国際機関の役割を果たせなかったと世界保健機関(WHO)も批判した。 新型コロナが武漢の研究所から流出したのでは、との疑惑にも言及した。

もっと

英独仏も、世界に広がる中国への賠償請求の動き 新型コロナが生み出した世界の新たな対立構造(1/3)

特にアメリカは世界最大のコロナウイルス被害国となっています。 Halting funding for the World Health Organization during a world health crisis is as dangerous as it sounds. その一方で、日本や韓国、イタリアなどのヨーロッパ諸国、イラン、アメリカなど世界各国の感染者数は日ごとに増えていき、対応に追われている。 リビー氏はワシントンの政治・外交雑誌のナショナル・インテレストの5月発売の最新号に「コロナウイルス後の中国と対決するために、われわれはより大きな構図をみすえねばならない」と題する論文を発表して、この意見を述べた。 この戦争は国賊である中国共産党と14億人の中国国民の戦争だ。 2カ月半遅れの開幕だ。

もっと

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

中国側が賠償に応じなければ、アメリカ国内にある中国当局の資産を凍結するなどの措置を取るという。 一方でWHOはコロナの対応などを巡って「中国 贔屓 びいきだ」などとも批判されています。 社説は「合唱の裏には中国に対する慢性的な偏見、中国の状況は安定したのに自分たちは危険に直面していることに対する憤怒、感染症を統制できない自身の無能を隠し、その責任を中国に転嫁しようとする意図がある」と主張。

もっと

新型コロナのニュース一覧(最新順):日本経済新聞

8日には感染拡大の震源地となった湖北省武漢市の封鎖措置が解除される予定だ。 米国の国家情報長官室はこの日、新型コロナについて「人工的なものでも、遺伝子組み換えでもないという科学的な総意に同意する」という声明を出したが、発生源は引き続き調査するとしている。 世界中に新型コロナウイルス禍を広げた責任などこれっぽっちも感じていない。 政府は医療保険に入っていない人も無料でウイルス検査できるようにすると約束したが、実践できるかは懐疑的だ」という。 「中国科学院武漢ウイルス研究所」は、中国政府が設立したウイルスの研究機関で、研究所のホームページでは、「中国で初めて正式に運用を開始したバイオセーフティーレベル4の実験室があり、国家級のウイルスと細菌の保存センターがある」と説明しているほか、「中国で唯一のウイルス標本の展示館」が設けられているとしています。

もっと

新型コロナのニュース一覧(最新順):日本経済新聞

Their work is slowing the spread of COVID-19 and if that work is stopped no other organization can replace them. ・ポンペオ国務長官が4月23日にも明確に言明したように、中国は全世界と共有すべき新型コロナウイルスについての情報を隠すことによって全世界の数えきれない市民たちに重大な苦痛と多数の死をもたらした。 しかし、キクガシラコウモリという種は、人間社会が営まれるはるか前から存在しています。 地元メディアには「米情報機関」のリークがあふれ、米中間にはきな臭い空気も流れた。 これに対し、中国外務省の耿爽 こう・そう 副報道局長は「ウィルスと中国を関連づけることに断固反対する」と反発している。 これにも石平氏は「全く信用できない。 3月末まで、習近平のコロナ対策を評価していたドナルド・トランプ大統領が、にわかに攻撃に転じたのは4月上旬のことである。 格差社会の米国では、医療を受けられる人とそうでない人がいる。

もっと

責任者は「新型コロナウイルス開発者」と報道の人物…中国、科学者1千人集めワクチン開発

中国政府が責任転嫁に必死になるのも無理はない」と話す。

もっと