キリスト 教 蛇。 求めない、期待しない。性悪説でいい――キリスト教が教える対人関係の奥義

聖獣の図像(聖獣文様):唐草図鑑

この ナカーシはなに者なのでしょうか? エゼキエル書28章13-16節;「お前(ティルスの君主)は 神の園であるエデンにいた。

もっと

蛇の胴体が長い理由は?キリスト教では神の罰、科学では遺伝子のため。

あとは筒井の『グノーシス』の文献案内からたどっていける。 それが、熟考反省する意識の段階になると、誰もがなんとか回避しようとする大問題になってしまうという。 アダムはイブに誘われてタネを口に入れたところで、それを見ていた天使が驚き叫んだ、その声に驚いたアダムがタネを飲み込んでしまう。 蛇そのものにはあらざるも、蛇のごときものである。 ここで問題とすべきは上掲左の遺物構図中、 右側に描かれている[アテナ神]( ギリシャ神話の主要な女神。

もっと

アダムとエバ

占星術的に考えるならキリストを北向きの魚であるとすると西向きの魚は反キリストに当たるだろうとユングは考えている。 なおその際サタン様はなんぞ魅惑の「」なので行けないらしい無原罪の楽園へ行くため蛇に「」してもらって、エントリーしたという。 ・アマテラスの兄弟には[ヒルコ]という神がいる(同ヒルコ、生まれついての不具の存在であったため、国産みをなしたイザナギ・イザナミに捨てられたとも)。 ・人間の歴史は人の手から離れたところから操作されていた(私の見解ではこちらが真実だろう、ということになる。 。 ゆっくり暖めるなり煮るなりすると「光輝く」。

もっと

青銅の蛇

知識 グノーシス を得たものだけがこの世界から逃れられる。 ただ、無意識な集合的無意識として、あるいは本能として独特の知恵としばしば超自然的とも思われる知識を所有している。 だから、皇帝・コンスタンティヌスは、神の救い主が嫉妬深い神であるが故に、この神殿が徹底的に破壊されるよう勅令を降した』 異教徒であるわれわれにとって、聖書に記す奇跡は不可思議なものであり、荒唐無稽なものである。 どう考えても堕天使たちと彼らによる人間の堕落という、ノアの大洪水や終末大業火を最終ゴールに設定する『エノク書』とはそりが合わないエピソードである。 神の言葉ではないが、ユダヤ教の改良版、キリスト教の本質を衝く使徒ペトロ絡みの言葉だ。 人間的な領域から上に引き上げられたものに対する畏怖の念をそれは生じさせる。 」 モーゼは一つの青銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。

もっと

キリスト教、新約聖書における蛇とはどういう意味を持つのでしょうか。

アダムはエヴァのせいにし、エヴァは蛇のせいにする。 とした上で、下の図像群をご覧いただきたい。

もっと

サタン

そして、 ナカーシ・サタンの神様への叛逆・罪がこの見えざる世界で始まったのです。 まず、図像群の 左側だが、ギリシャ時代の壺絵とされている美術作品で、赤ん坊のヘラクレスを殺すために蛇を差し向けたオリンポス12神の一柱、 [ヘラ(主神ゼウスの妻)]が描かれたものとなっている。 キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の神が蛇神だったと判断できる材料は上のような学者や言論人の弁の存在にとどまらない。 そう思えば、人であるアダムとイヴがエデンの園を追放されたのは成るべくして成った運命(さだめ)であったのかもしれません。 キリスト教で、サタンとされているのは、ルーシェル(ルシフェル)です。 神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。

もっと

蛇(へび)の正体/失楽園の物語

「万物の創造においては、いかなる欠陥品もつくられるべきではなかった。 その最重要の問題が発生した根本原因が、事実ではなく、単なる神話や作り話というのでは、私は断じて納得できません。

もっと

求めない、期待しない。性悪説でいい――キリスト教が教える対人関係の奥義

錬金術の四要素構成。 そのような神話的系譜から12神もまた蛇の血を継いでおり、往古、蛇の神だったととれる余地がある(:神話上の系譜問題に血縁間の類似性の話を持ち出すこと程、ナンセンスなことはないと思われようが、ここで問題としているのはそういったことではなく、 蛇の神(あるいは蛇の崇拝対象物)から人の格好をした神への変遷過程である)。 それによれば円が10あり、それらは離れているが、一つの大きな円によってつながっている。 ・ナーガ 人頭蛇身の精霊で、男女の交合からエネルギーを発生させ、生命を創りだすと言われる。 また『神の国』22巻17章で、女(エバ)が男(アダム)からつくられたのはイエス・キリストについての預言であり、アダムの眠りがキリストの死を表し、十字架につけられたイエス・キリストの脇腹から血と水が流れ、そこから教会が立てられたのであり、女が男から作られたことは教会の一致を表しているとしている。

もっと