キャンサー ペアレンツ 西口。 一般社団法人キャンサーペアレンツ

キャンサーペアレンツ創設の西口洋平さん死去 40歳:朝日新聞デジタル

・・・。 2008年~2010年の全ての患者さんについて調べた結果は、ステージIでは56. com)までお願いします。 「自分の命があと1年だとして、後悔しない人生を俺は歩めているのか」と。 そうすると、これはチャンスなんだと感じるようになりました。 先生から告知を受けた時は淡々と話を聞いていたのですが、電話口の母親の反応には言葉が出なくなりました。 いつどうなるかわからない状況の中、最後の仕事と位置づけて取り組んでいます。 がんになって、一山当てたいとか、勝てる場所に行きたいとか、目立ちたいとか何にもなくなって、自分自身の本当にやりたいことはなんのかを考えた。

もっと

亡くなる3日前まで「同じ境遇の誰かのために」 キャンサーペアレンツ発起人・西口洋平さんに学んだこと

淡々と団体の現状を話すのを、どんな表情で聞けばいいか分からなかった。

もっと

キャンサーペアレンツ

お金を稼ぐことの大変さやお金の価値を改めて実感した瞬間でした。 同世代で悩みを共有できる人は周りにいなかった。 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。 しかし、いざ開腹すると腹膜への が分かり、手を付けられないとのことで2時間ちょっとで終わりました。 普通に働いて、普通に家庭を持ち、普通の人間だった僕ががんになったということ。

もっと

「キャンサーペアレンツ」として生きる

特に若い時の病気は周りに全く同じ境遇の人がいません。 自分はそんなことはないのですが、先生に気に入られたい、嫌われたくないという思いから、あまりはっきり言わないところがあると思います。 運営メンバーで検討させていただきます。 西口洋平さんの後任者はこの5人の内から選ばれると考えるのが妥当でしょう。 検査もしたんですが、その時は悪いところはないという診断でした。 僕がメンターのつもりで、やっぱり教わってばかりだったね。

もっと

言い訳を乗り越えて、一歩前へ

遠慮せずに話をしていくべきだと思います。 未来がどうでも良くなった。 がんになっても生きていきやすい、子育てしやすい、働きやすい社会を目指して活動をしています。 病院での電話 白石:告知を受けてどなたかに相談はされましたか? 西口:相談というか、まず母親に電話をしました。 (油原聡子) 西口さんは人材会社の営業職だった平成27年2月、ステージ4の胆管がんと診断され、「5年生存率3%」という重い現実を突き付けられた。

もっと

キャンサーペアレンツ、ボランティアスタッフの募集説明会をやるってよ。

最初はビジネスモデルとか色々考えたんですけど、全然思いつかなくて、ビジネスとかじゃなくてまずはやってみようと立ち上げたんです。 また、5年生存率が凄く悪い病気なので、死んでしまうということを伝えた方がいいのか、そもそも死ぬってどうやって伝えるのか、そんなことを考えたんですね。 糸口がないんですよね。 その後、黄疸が出たことにより再度検査した結果、ステージ4の胆管がんであることがわかりました。 。 怖い病気なんだけど、恐怖を煽りたいわけではない。 オンラインのコミュニティーでがん患者が悩みを共有し合う場だ。

もっと

キャンサーペアレンツ西口洋平さんを悼む|駒崎弘樹|note

謹んでお悔み申し上げます。 傍にいたい。

もっと