トヨタ クラウン 廃止。 衝撃!トヨタ「クラウン生産中止」報道、クラウンが抱える悩み…その背景に「日本向けセダン」(くるまのニュース)

「いつかは」の夢遠のく? トヨタ『クラウン』が引退か[新聞ウォッチ]

物理スイッチのエアコンは目で見なくても手触りで操作できるため、走行中にエアコンをよく操作するドライバーにとっては安全性も向上した。 今回のマイナーチェンジなど、ユーザーの声に耳を傾け、素早く改善を図るその姿勢など、その表れではないだろうか。 3%ほど。 そこでトヨタは同車の生産を現行型で終了し、SUV系の新型車に切り替える方針のようで、すでに2022年に投入する方向で最終調整に入っている模様。 外部サイト. まだまだ続くトヨタのSUV攻勢! 新型「カローラクロス」の国内投入時期は? これがクラウン廃止報道の背景です トヨタはまだ公式に廃止を発表していません。 クラウンの最近における中心ユーザーは大企業の役員、オーナー企業の代表者、高額所得のサラリーマンなどで年齢は50代以上、大半が男性である。 2020年11月2日に一部改良を発表 2つのナビが1つに一体化するなどコクピットが一部変更された この報道が流れる10日ほど前の2020年11月2日、トヨタはクラウンの一部改良モデルを発表している。

もっと

トヨタがクラウンセダンの廃止を決定したのは、クラウンよりもカムリの方が売れ...

しかし、2010年代以降の世界的なSUV需要の増加によって、現行カローラに用いられるGA-Cプラットフォームを用いたカローラクロスが誕生したのです。 クラウンの低迷は世界的な需要の変化 2020年11月11日早朝、中日新聞から衝撃のニュースが飛び込みました。 朝からとんでもないニュースが… クラウン現行型で生産終了、 代わりにハイランダーベースのSUVを2022年から日本、北米、中国に投入。 DセグメントFRサルーンを開発しても、マツダブランド単独で開発コストに見合った収益を上げることは難しい。

もっと

衝撃!トヨタ「クラウン生産中止」報道、クラウンが抱える悩み…その背景に「日本向けセダン」(くるまのニュース)

(/画像:TOYOTA/AUDI) 【関連記事】 新型スバル「BRZ」が11月18日にデビュー! 気になる次期 トヨタ「86」の登場は? 「鬼滅の刃」をアクアのCMに起用!サカナクションでヤリスクロスCMが話題となったトヨタのCM 復活のトヨタ「MR2」、共同開発の相手はスバル or ロータス? 次期「MR2」には、スバルのミッドシップスポーツ用エンジン開発技術を活用! 以前、レクサスの開発者から「トヨタブランド車にはレクサスのプラットフォームは使わせない」といった言葉も聞かされていたが、状況が変わってきた印象を受ける。

もっと

「いつかは」の夢遠のく? トヨタ『クラウン』が引退か[新聞ウォッチ]

情報によれば、 現行クラウンが生産終了した後、に似た形の新型車が2022年に登場し、日本、北米、中国に投入されるとのこと。 だが直近の2020年度上期 4月~9月 では、月販平均1400台規模に落ち込んでいる。 セダンに対する印象が時代と共に変わっているのも影響しているだろう。 で、欧米の環境にうるさいが補助金が出る地域にも輸出し、 欧米にも認められたと国内ではアピールすれば多少は国内の外車セダンに逃げたユーザーも振り向くだろう。 カローラは1966年の初代モデル発売以降、クラウンと同様にさまざまなボディタイプを展開していたほか、国や地域によってクロスオーバー風なパーツなどを装着していたことはありましたが、明確にクロスオーバー/SUVとしては展開されていませんでした。 フランスの大統領専用車輛はDS7クロスバックなんですよね… 昔はシトロエンC6だったかと思います。 ベストカーが製作した次期マツダ6の予想CGイラスト。

もっと