荒瀬 克己。 「堀川の奇跡」は他校で再現できるか〜荒瀬克己氏に聞く

「奇跡と呼ばれた学校」 荒瀬克己著: 読書感想ブログ

しかし、結び目はやはり、手でほどかなければなりません。 新しい時代で活躍できる資質・能力を 3年ごとに行われるPISAは、前回の2015年から、コンピューターを使用した調査に移行しています。 荒瀬先生に対峙するための、19歳の背伸びを感じました。 ) それまでの京都の公立入試は戦後、総合選抜で行われてきたものが85年に改革があり、その頃から人気校、不人気校の格差が生まれ始め、更に、「公立はあかん」と、大学受験するなら私立だという風潮もできあがっていっていたようです。 新書でお手頃ですし、ご興味のある方は是非どうぞ。 いい大人に巡り合わないといけません。

もっと

【荒瀬克己特別対談】元校長×元生徒会長―今こそ語らう、堀川高校

講演の中でもとりわけ強調したのが、「多面的な評価によって、子どもたちの自己肯定感を育むこと」の重要性だ。 もう一つの側面は、自由記述の問題で、自分の考えを他人に伝わるよう根拠を示して説明することができない生徒が少なくなかったことです。 。 それが、 複数引いたほうがいいということに気づく。 この授業が生徒の心に変化を及ぼしました。

もっと

中央教育審議会 委員名簿:文部科学省

「京大特色入試」は「堀川探究活動」の縮図 探究基礎の活動が京大特色入試につながったということでしたが、どういう点がどのようにつながったと思いますか。 白井審議役はまた、その直前に発表されたPISA(経済協力開発機構=OECD=の「生徒の学習到達度調査」)の2018年調査結果で、日本の15歳の「読解力」が低下したことに触れ「これが(過去にPISAが行われた)03・06年だったら『PISAショック』と大騒ぎになるはずだ」と危機感を示しました。 では、そうするためにはどうすればよいのでしょうか。 このクラスができてから、自ら率先して勉強する子供が劇的に増えました。 これによって入試がどう変わっていくのかも気になるところだ。 文部科学省から入試センターに出向中の白井審議役は、前任が学習指導要領を担当する教育課程課の室長で、さらにその前はOECD教育・スキル局に出向していましたから、いっそう重い指摘だと言えます。

もっと

2020年、教育改革はどうなるか|ベネッセ教育情報サイト

荒瀬克己は教育委員会に異動となり、学校改革のための方針をまとめる役になりました。

もっと

教育課程部会 委員名簿:文部科学省

学生は、学芸員の指導で博物館の現状や企画展などについて学び、グループ内で意見を出し合い、それらをまとめて発表します。 大学の「機能分化」という言葉が使われます。 一人でできなければ誰かと一緒に取り組んでもいい。

もっと

2020年、教育改革はどうなるか|ベネッセ教育情報サイト

その実績は「堀川の奇跡」と呼ばれる。 正確に言うと、02年に一度だけ来てもらいました。 自分には何が分からないのか、何が不足しているのかを振り返る力です。

もっと

プロフェッショナル 仕事の流儀 第4期 背伸びが、人を育てる 校長 荒瀬克己の仕事

わりあい簡単に答えの出るもの、そうでないもの、そもそも疑問文がつくりにくいもの、つくった疑問文に疑問が生まれるもの……。

もっと

プロフェッショナル 仕事の流儀 第4期 背伸びが、人を育てる 校長 荒瀬克己の仕事

「各大学は生徒の多面的な情報を自らの基準で評価することで、その大学に合った生徒を選抜できるようになります。 ) ああそうですか…それはその方はよく言ってくださいましたね。 京都市立伏見工業高校・堀川高校の国語科教諭,京都市教育委員会指導主事を経て,1998年4月堀川高等学校教頭,2003年4月同校校長。 今後の世界は、人工知能(AI)に代表される「第4次産業革命」により、人類史上5番目の時代である「Society ソサエティー 5. 背伸びが、人を育てる 校長 荒瀬克己の仕事 全国の教育関係者の注目を集める公立高校がある。

もっと