不承不承 意味。 「不承不承」の意味と使い方・読み方・例文・類語・対義語|しぶしぶ

「不承不承」の意味とは?使い方と類語・対義語も解説(例文付き)

すなわち、「不肖」を文字通りに解釈すれば、その意味は「似ていない」ということになります。 反対に、英語から日本語に訳すときには、「他人のいいなりになる」という意味の「唯々諾々 いいだくだく 」という言葉が使われることもあります。 たとえば、「不承不承の様子で、食器を洗っている。 「不承不承」と似ている気もしますが、「唯々諾々」は良いことも悪いこともOKを出してしまうことで「不承不承」は良いこと悪いことではなく、自分が納得していないことでもOKすることです。

もっと

「甘んじる」とは?意味や使い方を例文も含めてご紹介

「止めることができない」とは、どうにもならない状態を示しています。 」というような使い方をします。 「不承不承」の類語は「心ならずも」「不本意ながら」 「不承不承」の類語は「不承不承」を意味する「嫌々ながら」「しぶしぶに」「やむを得ず」「仕方なく」などの他に、「心ならずも」「不本意ながら」があります。

もっと

【不承不承(ふしょうぶしょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!│「四字熟語のススメ」では読み方・意味・由来・使い方に会話例を含めて徹底解説。

どのような場面で「不肖」を使わない方が良いのか、「不肖」の間違った使い方を紹介していきます。 It was carried out a reluctant plan(不承不承の計画を遂行させた) 「Reluctantly」は「reluctance(気が進まない)」の副詞です。 「不承」は元々、「不請(いやいやながら承知する)」と書いていました。 こちらも例をあげていきます。 この短い例文だけでも、Cさんは本当は部屋から出ていきたくなかったという事実と、他の人から命令されて、しぶしぶ部屋から出て行ったという様子がわかります。

もっと

「甘んじる」とは?意味や使い方を例文も含めてご紹介

四字熟語:付和雷同 「付和雷同」とは、「不承不承」の対義語で、「フワライドウ」と読みます。 四字熟語:百依百順 「百依百順」は、「不承不承」の対義語で、「ヒャクイヒャクジュン」と読みます。 この言い方であれば、相手に欠席したくて欠席したわけではないということを穏便に伝えることが可能です。 、結婚式の司会を新郎新婦から任されているのにも関わらず、「不肖私が、司会を務めます」と言ったらどうでしょうか? 新郎新婦や参加者の立場を低げているように、意味を取られてしまいます。 この2つが合体して、「順従謙黙」という四字熟語となり、おとなしく相手に従い、自分の意見を主張したりしない様子を表します。 唯々諾々(いいだくだく) 「唯々諾々」は「事のよしあしにかかわらず、何事でもはいはいと従うさま。 この場合、どうにもならないので返却したという意味を表します。

もっと

四字熟語「不承不承(ふしょうぶしょう)」の意味と使い方:例文付き

「 不承不承/ 不請不請」(ふしょうぶしょう)とは、 嫌々、 渋々という意味です。

もっと

不肖の正確な使い方「不肖の息子」は誤り?意味と例文を解説!

ですから「不承不承」も「不請不請」と書くこともあります。 3-2.他人を紹介するときには使わない 他人を紹介するときに「不肖」を使用するのも、失礼に思われる可能性があります。 自分の担当する業務ではないため、不承不承な表情が顔一面に表れていた。 まとめ 以上、この記事では「不承不承」について解説しました。 「唯唯諾諾」と漢字表記することもあります。 不承不承の使い方・例文 例文1. 不承不承、友達に文庫本を貸したら、結局は戻ってこなかった。 」というような使い方をします。

もっと

「不承不承」の意味と使い方・読み方・例文・類語・対義語|しぶしぶ

今回が最後ですよ。 「付和雷同」の「付和」とは、自分の意見を持たず、すぐに他人の意見に同調してしまう様子を意味し、「雷同」とは、雷の音がなるとすぐこだまして音が響くように、他人の意見によってすぐ動いてしまう様子をあらわします。 知りたい言葉を使った例文を読むと、その言葉の意味をより深く理解することができ、自分の表現力に磨きをかけることができます。

もっと

【不承不承(ふしょうぶしょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!│「四字熟語のススメ」では読み方・意味・由来・使い方に会話例を含めて徹底解説。

マスクをするのは本当に嫌だが、外出時は不承不承ながらしている。 例文5. 」というような使い方をします。 日本の職場文化には、「顔で笑って心で泣いて」という風潮がまだまだ根付いていますが、「不承不承ながら~する」という表現を相手にぶつけることで「気が乗らないこと」をストレートに認知してもらうこともできるでしょう。 まとめ 「不承不承」は「嫌々ながら」「気が進まない」「仕方なく」という意味のある四字熟語です。 語彙を増やして、表現力をアップし、言葉の達人になりましょう。 「不承」とは「不承知」の略なのですが、「不承知」の意味は「承知しないこと、できないこと」です。 「不承不承」という1つの言葉を軸に、派生する類語や対義語を知ると語彙力を大幅にアップすることができます。

もっと

不肖の正確な使い方「不肖の息子」は誤り?意味と例文を解説!

不承不承の意味 「不承不承」の意味は以下の通りです。 「やむを得ず、勉強する。 「あの人は、すぐ付和雷同してしまう人です。 不承不承を使った例文となります。 それ以外では、「仕方なく」「無念」「不本意」「敢え無く」などが同じような意味となります。 例えば、嫌な仕事だけど先輩に頼まれたので渋々引き受けた場合に、「不承不承ながらOKと返事した」といった感じで使います。

もっと