活路 意味。 活路の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

禅語あれこれ│万楽堂が説明する、季節事に使われる禅語の読み方と意味について

それを透り越して初めて 真実に自由闊達な境涯を・・。 千里春如錦 (せんりのはるにしきのごとく) 見渡す限りの春の景色はまるで錦のように鮮やかである。 『関山国師』の国師号の由来にもなっています。 無作為で、無礙の世界に遊ぶ姿。

もっと

禅語あれこれ│万楽堂が説明する、季節事に使われる禅語の読み方と意味について

閑古錐 (かんこすい) 長年にわたり使い込んだため先端が丸くなった古い錐のこと。 楫をなくした舟のように、わたくしは途方にくれました。 概念と異なるのは、「理念」や「主観」は、万人に共通する尺度ではないということです。

もっと

禅語あれこれ│万楽堂が説明する、季節事に使われる禅語の読み方と意味について

そんなことを言いながら義貞はなんとかして前途に活路を 見出 みいだそうとしていた。

もっと

【活路を見出す】の例文集・使い方辞典

室閑茶味清 (しつかんにしてちゃみすがし) 茶室の中は静にさえわたり、いただく一服のお茶の何と清々しいことかという意味。 ただ、犬と言っても、チワワのような小さなものから、ラブラドルレトリバーのような大きなものまで、さまざまな種類があります。 心静即身涼 (こころしずかなればすなわちみすずし) こころが静謐であれば身体も清涼である。

もっと

禅語のおはなし。 『関』 : 坐・禅the

寿山万丈高 (じゅざんばんじょうにたかし) その長寿の事を万丈の山に例えた言葉。 柳緑花紅 (やなぎはみどり はなはくれない) 柳は緑の枝を垂れ花はあかく咲きほこっている。

もっと

禅語に親しむ

そのめぐみに人々の喜びはいかばかりかという意味。

もっと