柄谷 行人 コロナ。 柄谷行人

955夜『日本精神分析』柄谷行人

ガブリエルは哲学者のデイヴィッド・チャーマーズを批判的に継承しながら、心なり意識なり精神といったものは、脳のメカニズムには決して還元できないと見なす。 いわゆる「」「」の理論的再吟味と『』のの再吟味を同時に行う仕事を行った。

もっと

『郵便的不安たち』について ――東浩紀と柄谷行人(第二回)

私が『柄谷行人と韓国文学』(二〇〇八)を書いたのは、このような雰囲気においてだったのですが、当時私は次のように述べたことがあります。

もっと

柄谷行人発言集 対話篇PR

むしろハンスでも誰でもよかったこと、つまりハンスが殺されなかったかも知れないことこそが悲劇なのだ」。 要するに、脳がなければ心も生まれないが、だからといって脳の反応を完璧に記述すれば心が解明されるわけでもない。 (浅田彰・・・・絓秀実・)『必読書150』(太田出版、2002年)• 【初出】:2010. その仕事は1995年『Architecture as Metaphor』としてまとめられ、英語版が出版された(2003年の岩波版『隠喩としての建築』はその和訳である)。 ゲンロン完全中継チャンネルの視聴者も、半数以上がニコニコ生放送からシラスに移行している。 スイッチャー(穂積くん)にも立ってもらった。

もっと

柄谷行人

しかしに『日本近代文学の起源』が『』に連載されていた時点で、が『群像』での連載「感性の変革」において、「起源」の同定作業が不徹底であるなど厳しく批判した。 てっとり早いのは、『郵便的不安たち』(一九九九)を読むことだろう。

もっと